世界中が「失われた21世紀」

| コメント(40)
世界中が」「失われた21世紀」に喘いでいるというのに、日本だけが景気よくなるわけがないですね。ヨーロッパなんざ、これからまだまだ落ちていくのが分かっているのに。ギリシャは今月中にユーロ離脱とか言われてるし、スペインは実質的にドイツの支配下に入るとも言われているし、まぁ、コレからはブロック経済化は避けられない。アメリカは日本に強硬な圧力掛けて来るだろうが、耳を貸さずに、成長の見込めるアジアブロックで生きる算段した方がいいよ。中南米はアメリカブロックから離れて、中南米ブロックを形成するだろうし。


【バカちんがw】ノーベル経済学者が警告!「消費増税タイミング悪すぎる。間もなく欧州ドミノ倒し」
ウンピョウ(新疆ウイグル自治区). 2012/06/08(金) 03:11:59.70 ID:xZIWoH/9
ノーベル経済学者が警告!「消費増税タイミング悪すぎる。間もなく欧州ドミノ倒し」
「現実が私の言っていたようになってきている。もはやギリシャにはユーロを離脱し、そこから改めてやり直す以外に道は残っていない」
ギリシャが6月中(2012年)にユーロを離脱する確率は50%で、どちらにしても90%の確率でギリシャはユーロを離脱すると予測する。しかし、その影響は「計り知れない。対応を誤れば、ユーロ圏で大パニックが起こることになる」という。
つづく
ウンピョウ(新疆ウイグル自治区). 2012/06/08(金) 03:12:41.10 ID:xZIWoH/90
つづき
それを避けるためにECB(欧州中央銀行)が乗り出し、スペインやイタリアにカネを貸し付けることになるだろうが、もしECBが動かなかったとき、またそれだけ大量のカネを供給できなかった場合は「預金封鎖」になるという。そうした事態はポルトガルでも起こり、次々にユーロを離脱してドミノ倒しのようにユーロ離れが起こる。ユーロというプロジェクトが失 敗すれば、どんなひどいことが起きても不思議ではない。
ボンベイ(兵庫県). 2012/06/08(金) 03:13:45.03 ID:c53tkWU/0
クルーグマンにこう言われちゃ池田信夫も涙目だろ
コラット(徳島県). 2012/06/08(金) 03:20:42.56 ID:JSgn+DTE0
>>3
とっくに脱クルーグマンしてるよノビーは
アジアゴールデンキャット(西日本) 2012/06/08(金) 03:19:29.06 ID:bzhYnHO40
自民がどういう意図で賛成してるか、解説をどなたか。お願いします。
アメリカンショートヘア(新疆ウイグル自治区) 2012/06/08(金) 03:29:05.03 ID:LSHw5QYFP
ノーベル賞じゃなくても、この時期の消費税ageは基地外沙汰としか言いようが無いよな
二大政党がどっちも増税じゃ日本は滅ぶしかないのか
マンチカン(福岡県) 2012/06/08(金) 03:31:42.11 ID:jPIHOI6E0
自民も民主も経済成長放棄してるってことだからな
本格的に終わってる
ベンガル(沖縄県) 2012/06/08(金) 03:32:51.82 ID:uxquTeJu0
ギリシャの役所に日本の地方公務員を1,000人動員して財政と行政の立て直しをやれば2年で危機脱出できると聞いた
11  ウンピョウ(新疆ウイグル自治区) 2012/06/08(金) 03:35:18.39 ID:xZIWoH/90
>>9
無理、本州の職員を沖縄に送ってもそのうち20%は地元に染まるという研究結果が(´・ω・`)
12  カナダオオヤマネコ(チベット自治区). 2012/06/08(金) 03:42:28.84 ID:fP4hbyhw0
消費税廃止すればあっという間に経済が回復するのになw
バカだろw
13  アメリカンワイヤーヘア(東海地方) 2012/06/08(金) 03:46:04.57 ID:yG+nB6fF0
民主党の岡田克也って、イオンの次男坊のクセに増税しても大丈夫だと思ってるのかね?
18  オリエンタル(東京都). 2012/06/08(金) 04:06:41.35 ID:djdhGbvZ0
>>13
中小の流通が消えてかえって好都合なのか?
15  ぬこ(SB-iPhone). 2012/06/08(金) 03:58:29.46 ID:quM8lgU8i
増税なんかより歳出を減らす努力をしないとなんの意味もないよな
16  ジャングルキャット(家) 2012/06/08(金) 04:00:12.85 ID:OZYppXdX0
経済学()
17  マーブルキャット(岐阜県) 2012/06/08(金) 04:05:03.99 ID:CwusExey0
三橋貴明はお前ら的にどうよ?
19  サイベリアン(埼玉県) 2012/06/08(金) 04:08:07.11 ID:mWNyZ8oS0
三橋はちょいマゾっぽいなって印象持ってるけどね見たところでは
チンコはでかそうだ
21  オリエンタル(東京都). 2012/06/08(金) 04:09:55.69 ID:djdhGbvZ0
>>19
意外と夜は激しそう(///
22  サイベリアン(埼玉県) 2012/06/08(金) 04:21:29.57 ID:mWNyZ8oS0
成長いうけど日本そんな簡単に成長できるかよ
子供いねえよ土地ねえし地震やばいし資源もねえよ
24  サバトラ(神奈川県) 2012/06/08(金) 04:27:44.21 ID:s7uGmTbd0
>>22
これってまともにやれば成長できる要素だよね
子供いない→保育環境の充実→成長
土地ない→生産の効率化→成長
地震多発→復興需要→成長
資源ない→メタハイなど新エネルギー開発→成長
23  スナドリネコ(チベット自治区). 2012/06/08(金) 04:22:04.56 ID:Du9Qbi+A0
日本を倒すのが目的なんだから仕方無い
何言っても聞かないさ
26  マレーヤマネコ(家). 2012/06/08(金) 04:39:08.37 ID:Gr1LBTSp0
借金のツケより将来の雇用とか産業が廃れる方が怖いわな
28  シャルトリュー(庭). 2012/06/08(金) 04:57:27.04 ID:hJ30YceN0
全力下げレースワラタ
30  黒トラ(大阪府) 2012/06/08(金) 05:52:08.96 ID:AQ0qrm480
デフレ円高で消費税
最悪のデフレスパイラルにさらに円高
景気浮揚させずにやるのは自殺
散々言われてるけど野田は増税以外何もやらねえし
31  カラカル(神奈川県) 2012/06/08(金) 05:52:49.76 ID:wOskE+RX0
なんで足りないのは「税収」なのに「税率」をあげると解決すると思うのか?
税収を増やしたいなら経済を上向けるのが第一で、「税率」アップは下手すれば
税収自体は減らしてしまう可能性すらあるというのに。
答えは簡単。
「税率」ってのは国民と政府の「力」の分配率なんだよね。
つまり国民をより強く支配したいのが目的であって税収の改善は目的じゃないから。
32  ペルシャ(兵庫県【緊急地震:千葉県北西部M4.3最大震度3】) 2012/06/08(金) 06:16:45.44 ID:KDMaIjK+0
タイミングが悪いからこそやりたがるんだろ
35  サバトラ(神奈川県). 2012/06/08(金) 07:10:48.27 ID:fdqPamyD0
金一杯刷って、インフラ整備と資源開発と知的財産育成なんかにバラ撒けよ。そうすれば景気は上がる
36  キジトラ(福岡県). 2012/06/08(金) 07:33:45.14 ID:P+cd1wef0
消費税上げていいタイミングなんて存在しない
39  ライオン(北海道) 2012/06/08(金) 09:09:35.86 ID:R4OoOPQt0
経済学部出身者ですが、
経済学なんてオカルトと変わりませんよ
41  マヌルネコ(静岡県). 2012/06/08(金) 09:22:21.97 ID:c2+Mys2t0
未来が分かる経済学者が世の中に居るのなら
アメリカの住宅バブル崩壊や金融危機や欧州危機も
今起こってないはずだよ
42  ライオン(大阪府). 2012/06/08(金) 09:56:35.89 ID:71w5henM0
だから借金は問題ではないと言ってるのに
43  バーミーズ(埼玉県). 2012/06/08(金) 10:05:02.58 ID:ddvFhfQK0
まあクルーグマンが言うまでもなく、実に当たり前の事なんだがな。
小沢はクソだが唯一まともな所は、消費増税への反対。
45  白(茸). 2012/06/08(金) 10:13:53.16 ID:zKv110i60
所得税を増税して、消費税をマイナス5パーセントにすれば、貧乏人も金持ちも喜ぶよ
46  シャム(家) 2012/06/08(金) 10:28:00.02 ID:krLdf1Sx0
俺は逆だね
じゃあいつだよ
少し落ち着けば、「景気が浮揚しだしたときに増税なんてとんでもない」(安倍政権に対する麻生さん)
デフレ脱却したら?
何を言ってるのか分かってるのか
「物価が上がって生活が苦しいときに増税なんてとんでもない」
当然オレだって増税は嫌すぎる
しかし毎年度赤字国債でごまかし続けてる状況も異常すぎる
毎年度だぞ
ツケがまわってくる前に死ぬならいいが、現代日本人はそうそう死なないぞ
47  シンガプーラ(東京都) 2012/06/08(金) 10:34:25.72 ID:qyKRa8S10
白川さんも任期終わったら
外資系金融会社に"転職"して
ご褒美ポストで一生安泰ですか?
48  マンクス(新潟県) 2012/06/08(金) 10:40:38.79 ID:5bcopjlJ0
増税する前に
何の役にも立たない政治家の数を減らせ
給料も減らせ
政治に失敗したやつの財産を没収する法律を作れ
まずはそこからだ
49  縞三毛(西日本) 2012/06/08(金) 10:47:21.46 ID:Rwl2uA7G0
言ってる事はまともだけど
ユーロ、ドルのおかげで日本はボロボロ
てめーらのケツは自分で拭け
50  カナダオオヤマネコ(空). 2012/06/08(金) 10:52:18.84 ID:MOLbPKmC0
まず日銀総裁を何とかして欲しいがね
任期中はクビにできないのか
51  ジャガー(東日本) 2012/06/08(金) 11:21:30.33 ID:zIOYaoHe0
むしろタイミングいいんだよ。政府にとっちゃ。
欧州危機で増税しておけば、増税による景気悪化を責任転嫁できる。
52  アメリカンワイヤーヘア(関東・甲信越) 2012/06/08(金) 11:26:01.93 ID:/WPzxa7p0
>>51
どう見てもトドメ刺しそうなんだが...
下手すりゃ海外から犯人扱いされかねん
53  オセロット(神奈川県). 2012/06/08(金) 11:26:03.58 ID:uOIeqqfO0
もしかして経済悪化の原因って消費税なんじゃない
55  ギコ(岐阜県). 2012/06/08(金) 11:35:27.35 ID:JCtZWkY40
>>53
消費税3%にしたらバブルが崩壊した
56  サイベリアン(SB-iPhone) 2012/06/08(金) 11:36:07.14 ID:OlqqGkL5i
欧州がむしろ消費税下げて経済回復したら面白いのにな。
政府のバカどもがどういう増税理由に変えてくるか楽しみだ。
57 リビアヤマネコ(やわらか銀行). 2012/06/08(金) 11:46:29.06 ID:nAyD9QxV0
euは対中国の為のユーロ安だから、経済回復してない振りを続ける



まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.

コメント(40)

とりあえずクリムゾンって言ってみた

アフィの顔が怖すぎます・・・。

公務員助けて国滅ぶ


二~三日まえに金融系のブログで拾い読みしたもの。メンドクサイから訳は適当ですが、まぁ想像はつくでしょう。

スイスの国境線では、大量のユーロをスイスへ持ち込もうとするミュール(運搬用のろば)と呼ばれる密輸入のプロと警備隊とのイタチごっこがまだまだ続いている。過去二週間だけでも€20Bが持ち込まれた。スイス人であれば、スイスにある銀行でいくらでもスイスフランを引き出せるので、スイスフランを欲しがるイタリアやフランスへ車で密輸出するミュールも後を絶たないとのこと。また、ユーロをドイツへ持ち込み、スイスに個人口座をもつドイツ人に渡すのもミュールの仕事の一つである。世界中からスイスへカネが流れ込んでいるが、ダメリカ人はお断りだそうだ。ロシアあたりからも大金がスイスへ流れ込んでいる。

PS
以前から伝えている通り、生き残るのは円と米ドルとスイスフランだけです。

村上ファンドのシンガポールドルは?www

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

まあもちつけ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

超円高まであとどれくらいかかるの?
そのあとにくるバブルまでどれくらいかかるの?
誰か教えてくれ

>公務員助けて国滅ぶ

あるある探検隊のリズムでいけますねw

あえて内需を刺激しない様にしてるんだね、
世界が瀕死の時は横並びで。
消費税ageがお芝居なら素晴らしいが、
役者が大根だからなぁ。

空前の円高のはずなのに、原油も大豆も
輸入価格が高騰中。世界的に足元見られてるニッポンは
なんぼオゼゼがあっても経済破綻で衰弱死は必至かな。
お偉い教授先生・評論家先生の震災復興ってなんなのさ?
もうすぐ、馬鹿で滅びそうです。

もうさぁなんでも良いけど一本化してくんねぇかなぁ、所得税なら所得税、消費税なら消費税、煩雑すぎてめんどくせえよ

スイスのプライベートバンクってナンボからお客さん扱いしてくれはるんやろなあ。

スイスは全世界の富裕層の1/4以上の資産を抱えているので一番安全ですね。
米と日本は国民を裏切る可能性があるので要注意・要監視w

今のうちに、こそっと預金引き出しですかね

引き出すカネもなし、やけどなあw

世界は民族・国家間の競争
中国は今まで失われた1000年だった
その中国が本格的に力をつければ
それ以外の国々が没落する番
失われた1000年の始まりだよ
残念ながらもうおしまい
1000年後の歴史書には
コンピュータもロケットも
中国が発明したと書いているだろう


>スイスは全世界の富裕層の1/4以上の資産を抱えているので一番安全ですね。

つーか、通貨が部分的にゴールドで裏打ちされている唯一の通貨です。大昔からの本当の通貨であるゴールドに換金可能です。

PS
レアメタ(リチウム、肥料、ウラン鉱など)の上昇が始まっています。ゆっくりと目立たないようにね。

>通貨が部分的にゴールドで裏打ちされている唯一の通貨

FTさん、
かなり前から気になってたんだけど、
不換紙幣と兌換券(兌換紙幣)の違いは、どう解釈されています?

>生き残るのは円と米ドルとスイスフランだけです。

スイスはホント腹黒い国ねw


>不換紙幣と兌換券(兌換紙幣)の違いは、どう解釈されています?

ご教授願います。

皆様にお聞きしたいのですが。
いまこの国で、借金と現金が同額あったらどうしますか?

(素人なりの私見です。なんだか高校生的な長い駄文になり恐縮です。かなり錆びついているので明確な間違いがある個所は後学のため厳しくご指摘下さい)
デニスさん
>不換紙幣と兌換券(兌換紙幣)の違いは、どう解釈されています?

【兌換紙幣(だかんしへい)】
「兌換紙幣≒金本位制(厳密には金地金本位制)≒固定相場制の効用」

日本の近世まで使用されていた「鋳造貨幣」は、現物(物的)経済の補助貨幣(実際には「年貢米」に見られるように穀物が主体)に過ぎませんでした。
(あの忌まわしい大蔵省の「大蔵」という言葉は、租税として集めた「穀物」を入れておくための「大きな蔵」に由来します)

日本の近代の始まりとともに「兌換紙幣」発行をすることより金(銀)の交換を政府が保証することで、通貨としての紙幣の流通性・利便性を飛躍的に高め、あらゆる経済活動の決済を「兌換紙幣」により行う事により効率性が高まりました。

但し、実体経済の拡大と共に政府の金地金の準備量拡大が不可欠で、当初直ぐに「金」は枯渇して暫く一定期間「銀本位制」との併存(実質銀本位制)が続きます。
兌換紙幣の見本↓
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history_26.htm

(明治15年(1882年)に「日本銀行」が設立されますが、この「銀行」の語源もこの時期に主流となった「銀本位制」からきていて「金行」とはならなかったのではないかと私は思います。日本銀行ではこの様に説明していますが↓)
http://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/history/11100004.htm/
(日本円誕生当初は「1円=1ドル」。日本は純金1.5gを1円と兌換。米国は1ドル金貨に25.8 grainの純金が含有され(当時の1 grain=0.0648g)、23.22×0.0648≒1.5 g)

「兌換紙幣」の「最大の効用」は、各国(特に主要国)の純金(純銀)交換比率か確定することにより、決済は自動的に「固定相場制」と類似した効用を発揮することです。
「最大の副作用」は、実質的に政策金利決定権が無く金融政策を実施しえないことです。

主要国との貿易赤字が超過になった場合には、海外(相手国)に現送(金の現物を輸送)する必要が生じます。
すなわち、貿易赤字が継続固定化すると海外への「金流出」を招き、自動的に国内通過発行量が減少して「デフレ」状況になり景気は悪化することを意味します。

実質固定相場制をとると国内で完結する自由な金融政策が実施出来ないので、「金輸出禁止」(金本位制度中止)政策を選択し、景気の回復を持って「金解禁」を再実施する訳です。

もし全員が一斉に預金(純金)を引きだす事態に直面した場合、つまり昭和4年(1929年)の「世界恐慌」を持って世界の「金本位制」よる取引は終焉(兌換要求に応じられない銀行は倒産)します。
日本が本格的に兌換停止を決意したのは昭和6年(1931年)の満州事変勃発で、満州国建国による独自経済圏建設による経済状況の打開を画策したからです。
(対支那戦争を開始した昭和12年(1937年)に制定した「金準備評価法」により、「純金290mg=1円」と決定。金1g≒3円44銭、戦争中は1ドル≒実質4円程度の為替水準で推移)


【不換紙幣(ふかんしへい)】
「不換紙幣≒政府の信用力による中央銀行券(日銀券)の発行≒管理通貨体制の効用」

大東亜戦争(太平洋戦争)の本格化する昭和17年(1942年)には「日本銀行法」が制定され、法律上も兌換の義務がなくなり不換紙幣が大量発行できるようになりました。
この法律により、日本は実質的に「管理通貨制度」(通貨の流通量を管理調節する)に移行します。

昭和20年(1945年)の「敗戦」の結果、国土は焼尽し日本の信用力は地に落ち、敗戦直後のインフレを経験します。
預金封鎖と新円切替でインフレ抑制する代わりに国民の多くは無一文となりました。

但しこの戦争は外債に頼り戦争を継続していた訳ではないので、対外債務は日露戦争の債務の未償還分程度で戦後再出発することが出来ました。
(1945年に1ドル=15円。その後のインフレにより1947年に1ドル=50円、1948年に1ドル=270円、1949年には1ドル=360円となり固定する)

戦後、米国には全世界の約7割(約22,000t)に相当する金地金が集中し、これが「米国ドルのみが金地金と兌換可能とし、他国の通貨は米国ドルを介して交換可能」という基軸通貨=米国ドルの「金為替本位制」に移行します。

その後ベトナム戦争で疲弊した米国は「米国ドルの兌換停止」の発表によるニクソンショックを起こし、「変動相場制」に移行して現代に至ります。
(「変動相場制」で基軸通貨を満たす要件は「①優位性(軍事・経済)、②安定性(政治・経済・通貨)、③成熟度(金融市場)、④規制撤廃(貿易・対外資本取引)」、であり戦後一貫して米国のみ全ての要件を満たしてきました)

不換紙幣の「最大の効用」は「信用通貨」を通じての経済規模の拡大にあり、「最大の副作用」はインフレの要因となることです。

単純な「不換紙幣」の発行は負債増大・信用力低下に繋がります。
「不換紙幣」は1枚1枚が無記名・無期限・無金利の一種の借金契約書ともいえますが、無尽蔵に発行できる訳ではありません。
日本銀行の「不換紙幣」の価値を担保し裏打ちする資産は何かと云うと、「日本国の国債」であると云えます。

「日本国の信用力」=「日本国債の価値」=「不換紙幣としての日本円」であり、日本国の財政規律(借金返済能力)が健全性を判断の一つの尺度になります。

「不換紙幣」は一方で「信用通貨」としての側面を持ち、信用膨張(通貨流通量・決済量の増大)が、物価上昇を促進の要因(通貨の価値の低減)としてインフレに作用し、信用膨張がやむと反転します。
これを不動産その他を媒介として際限なく拡大し続けた場合、しばしば「バブル」経済を生起させてしまいます。

(素人なりの私見です)
kosupaさん
>超円高まであとどれくらいかかるの?
①実は歴史上日本円誕生時が「1円=1ドル」の超最高値です。
②今般の現況では米国の「発狂刷り」次第ですが、日本が完全に死亡すると米国も倒れます。
(なので日本は倒れる事すら許されません)
全ての資産を投機に充てるのではなく、ある程度資産をリスクヘッジ(大勝ちはしないが大負けもない)するのも一考に値するのでは?

(素人なりの私見です)
ざれ言さん
>いまこの国で、借金と現金が同額あったらどうしますか?
極端な3例で、
①現金(経済規模と税収)で借金(国債発行額)を全て返す。
②現金を運用して増やして(経済成長と税収増)で借金(国債発行額)をある程度返す。
③現金は運用しないか運用失敗(経済停滞or経済縮小により増税)で借金(国債発行額)をある程度返す。または現状維持のため借金(国債発行額)を増やす。
どうみても日本政府は③を選択していますが、普通に考えれば②で私もそう思います。
ポイントは経済成長と税収増が安定すれば、借金(国債発行額)を無理して一括全額返済する必要が無いという事です。

>いまこの国で、借金と現金が同額あったらどうしますか

もちろん踏み倒し。
この国でなく隣人の国のことですがwww

(訂正)

>踏み倒し

借金は踏み倒し。

>民主党の岡田克也って、イオンの次男坊のクセに増税しても大丈夫だと思ってるのかね?

イオン系列の店って韓国製品が多いですね。
日本の企業が潰れるとかえって好都合なのかも。

すいません、しばらくネットから離れていました。

ぺこたんさん、丁寧に解説して頂き、ありがとうございます。

非常に納得な話なんですが、違和感を感じた所が、一点だけ。
「信用増幅」と、「信用膨張」の部分です。
兌換券であっても、信用は増幅しますし、膨張もします。
チューリップ・バブルが起こったのは1600年代です。

それと、日本古来の鋳造貨幣には、金貨と銀貨が有ります。
不思議な事に、金貨は額面で流通し、銀貨は量目で流通していたんですね。
両替商の看板が分銅のマークなのは、銀貨の量目を量り、額面の金貨に両替していた事を表しています。
この交換レートが他国とかけ離れていた為、幕末に膨大な量の金が海外に流出していた、
って話も、調べてみると面白いモノが有ります。


それで。そもそもFTさんに聞きたかったのは、
>大昔からの本当の通貨であるゴールドに換金可能です
というくだりです。
ゴールドに換金できない通貨って、
(一時期の米ドルを除き)地球上に存在するのでしょうか?

それと、
>通貨が部分的にゴールドで裏打ちされている唯一の通貨
というのも、良く理解できません。
スイスフランは、兌換券では有りませんよね?
兌換券であれば、貨幣価値と金相場はリンクする筈ですし。
金準備高だけをもって、「裏打ち」と言われているのでしょうか?

FTさんへ、追記です。

貴兄の米は、いつも興味深く読ませて頂いております。
べつにケンカ売ってるワケじゃ無くて、用語的な瑣末な疑問です。


>なんだか高校生的な長い駄文になり恐縮です。

大学で使いものにならない「Piled higher and deeper」じゃないだから、もっと簡潔に書いて欲しかったです。が、大変参考になりました。が、まるで日銀の大株主が書いた教科書のようでなりよりです(笑)。

>【兌換紙幣(だかんしへい)】
「兌換紙幣≒金本位制(厳密には金地金本位制)≒固定相場制の効用」
「兌換紙幣」の「最大の効用」は、各国(特に主要国)の純金(純銀)交換比率か確定
金(銀)の交換を政府が保証する
流通性・利便性・効率性
実体経済の拡大と共に政府の金地金の準備量拡大が不可欠

過去100年ぐらいに急成長(+人口の急増)が今手詰まりを迎えているが、ゆっくりと時間を掛けた実体経済の成長はいけないことなのでしょうか? 不換紙幣制度の「信用力=クレジット」なんて幻想であって、人間の強欲(=学問的には「信用膨張の暴走」(笑))よっていくらでも刷るんだから。欧米はその限界に達しているでしょ。まあ、数年後には大リセットすんでしょうけど。

>「最大の副作用」は、実質的に政策金利決定権が無く金融政策を実施しえないこと

そりゃあ、日銀の大株主ならそう教えるでしょう。ゆっくりと時間を掛け長期に渡り、良い製品を海外へ販売すれば、インフレ無しに本当の意味で富の蓄積(ゴールド)が可能だったはず。特に日本の得意なことでしょう。ついでだけど、ナマポやメンヘラや過労死なんて言葉も生まれなかったでしょうね。

これは前にも出したけど、兌換紙幣経済から不換紙幣経済へ移行した米国です。1913年を起点としてどのようになったか見て下さい。これは「小さな政府 vs 大きな政府」にも関わることです。

http://www.financialsense.com/sites/default/files/users/u312/images/2012/total-tax-receipts-1791-2012.jpg

他にも突込みどころ多数だけど、ワタシャ「Piled higher and deeper」の世界に生きてませんし、メンドクサイから省きます。

>兌換券であっても、信用は増幅しますし、膨張もします。
チューリップ・バブルが起こったのは1600年代です。

でしょうけど、兌換紙幣制度下と不換紙幣制度化で、どちらが人間のモラルの崩壊によって「信用崩壊」を起こしやすいのでしょうかね?

こうも言えるかも。

○兌換紙幣制度≒規律経済制度(長期間に渡る地道な努力を怠らない工業力のある国が有利)

○不換紙幣制度≒中央銀行の株主の為の急成長拡大路線、そして大リセット(大恐慌)=マネーゲーム経済

>ゴールドに換金できない通貨って、
(一時期の米ドルを除き)地球上に存在するのでしょうか?

文章のコンテキストから読み取ってもらいたかったです。正確性を多少欠いただけです。

>金準備高だけをもって、「裏打ち」と言われているのでしょうか?

そうです。しかし、そうであれば、現状のEUやダメリカのような「信用崩壊」に大きな歯止めがかかるでしょう。

The Swiss franc has historically been considered a safe-haven currency with virtually zero inflation and a legal requirement that a minimum of 40% be backed by gold reserves.[8] However, this link to gold, which dates from the 1920s, was terminated on 1 May 2000 following a referendum.[9] By March 2005, following a gold selling program, the Swiss National Bank held 1,290 tonnes of gold in reserves which equated to 20% of its assets.[10]


デニスさんは学者さんであるようですが、最終的にEUとユーロがどのようになるか予想されていますか?学者さんの仕事で大切な事は、知識の風呂敷を広げることじゃなく、科学を利用して未来を予想することですよね。ここは長文を垂れ流すとこじゃないので、簡潔にみなさんに解りやすくご教授願います。

自分は学者じゃ無くて八百屋ですし、興味が有るのは経済じゃ無くて人間です。

八百屋と言えば、昔の神田市場にはフリークみたいなヤツが一杯いまして。
中に一人、腹巻に札束突っ込んでるオッサンがいたんですね。
帯封の付いたピン札を15束、見せびらかして歩いてるんです。
神田信金の知り合いに聞くと、札束が古びて来ると、ピン札と交換しに来るそうで。
使いもしない札束を見せびらかして、それでも
「こいつ、金持ちだ。近くにいると、いい事あるかも。」
と勘違いした奴等に取り巻かれて、市場の中を闊歩してましたね。


で、本題ですが。
不換紙幣なんてモノは共同幻想だ、と自分は思っております。
それ自体はただの紙切れですし、何かへの兌換を保障してくれるワケでも有りません。
信用供給の原理から言っても、静的に安定した価値を保ち得ない通貨です。
なのに人々は、その幻想を信用して、経済活動を続けています。
これは何なのか。どうして人は、それを信用するのか、って事が、自分の興味の中心です。

自分自身が、生まれた時からその幻想に取り込まれていますし、
それ無しでは生活できない社会に住んでいるのですが。

現在の共同幻想が限界を迎えつつある事は、誰しもが感じていますが、
その後に来るのは、新たな共同幻想なのだろうか、
それとも、全く違う、何か新しいモノなのだろうか。

フードスタンプって、実は兌換券なんじゃないかと思う、今日この頃です。


>興味が有るのは経済じゃ無くて人間です。
>どうして人は、それを信用するのか、って事が、自分の興味の中心です。

どさくさに紛れて法律を通しちゃったからね。皆さん、自分が食っていくことで毎日忙しいので、こんな複雑なこと危機が来るまで考えませんね。

社会主義、共産主義、資本主義、、、論理的には素晴らしいですが、実際に長期的に運用管理する中で、必ず中枢にいるエリートと呼ばれる人間が腐敗し崩壊を迎えています。

利権まみれた自民党、ソビエト、今の欧米、数年後の中国や北朝鮮、、、。エリートに必要なのは、学問じゃなくて高い倫理道徳感ですね。まあ、そんなことを何千年も繰り返しているのが、人類の歴史でしょうか。葉っぱでも吸って好い音楽でも聴いてないとやってられませんね。


>現在の共同幻想が限界を迎えつつある事は、誰しもが感じていますが、その後に来るのは、新たな共同幻想なのだろうか、それとも、全く違う、何か新しいモノなのだろうか。

新たな時代の前に今までの清算があるので、欧米は思っきり痛みを味合うことになるでしょう。でないと、進化しないでしょう。具体的には、大恐慌を通して中央銀行と呼ばれるインチキは、その国の財務省あたりが吸収することなるのでしょう。新たな共同幻想は、その国の資産で裏打ちされるものとなるでしょう。

まあ、ネットがあるのでインチキすれば、何でも世界同時で暴かれれる時代ですので、良い方向へ向かっていることは確かでしょう。エリートは天才じゃないからね。エリートが複雑なインチキを作り上げても、凡人に解りやすく説明してくれる優秀な人は沢山いるから。

了解。

自分は貴兄ほど楽観的では無いのですが、良い方向へ向かっていると信じたいです。

FTさん、デニスさん、ありがとうございました(^^)

>「Piled higher and deeper」・・・ぺこ(汗)

信用って、対象を信用に値するかどうか吟味するより‘信じたい気持ち’が優先するから、後々騙されたりするのw。論理でなく感情論(打算や、自己肯定)が根っこにあったりする。

ここのコメント欄は凄い勉強になりました。ネトゲりらしからぬw

>日本だけが景気よくなるわけがないですね

そうかな?

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山