これが日本の芸人だ

| コメント(7)
こういう時には、是非、圓歌の「中沢家の人々」を聞いて貰いたいね。三遊亭圓歌は、ひと頃、6人の年寄りを養っていた。
両親は圓歌が落語家になると言った際、父には息子であることを否定され家を追い出された。、父は男だから仕方ないが、母はこんな時止めそうだが止める所か「おまえを産んだ覚えはない」とタバコを吸いながら言われた...更に「おまえが親類にいるとみっともない」と言う理由で戸籍からも抹消したにもかかわらず圓歌が家を新築するや否や「同居する」と言いだした...これについては、本人は上記のことがあったにもかかわらず「一緒に住む」と言いた出したことに疑問を抱いている。「親は嘘つきだな」と言っている。

そして東京都千代田区六番町の自宅(作家有島武郎の旧家)に圓歌の両親、亡妻の両親、後妻の両親と6人も「年寄りが佃煮にする」ほどいた、未だに家には便所が6つあるらしい。


ところで、「中沢家の人々」はこちらにあります。

コメント(7)

寝下痢さん、貴方さまは
ギターのことや手料理のことや
このようなことを時々挟めば
それでなごむとお考えのようですが
貴方の今の殺伐感はこの程度の
とりあえずつっこんどきました程度のものでは
まったく希釈できていないことをご認識ください。

恨み節も演歌も大事、
でも人生哲学や宗教感を後世に遺す
といったこと”子供達”に与えては
いただけませんか。

寝下痢さん、貴方さまは
ギターのことや手料理のことや
このようなことを時々挟めば
それでなごむとお考えのようですが
貴方の今の殺伐感はこの程度の
とりあえずつっこんどきました程度のものでは
まったく希釈できていないことをご認識ください。

恨み節も演歌も大事、
でも人生哲学や宗教感を後世に遺す
といったこと”子供達”に与えては
いただけませんか。

慇懃無礼という言葉もあります。
いくら丁寧な言葉使いでも名前・名称を下品に間違える人の言に説得力はありません。

>人生哲学や宗教感を後世に遺すといったこと”子供達”に与えては
いただけませんか。

自分でやればいいじゃん。

さげで
「いまぁ、仏壇の前で拝んでるが、そのうちみぃーんな仏壇のなかぁー いっちまいますからねぇーw」と

中沢家の人々と馬風の協会長への道は
馬風が本当に会長になったし、こき下ろした落語家もなくなったし、今となっては洒落になってないよなあ。

私、20年ほど前にこの噺を聴いて面白いと思ったところと、
今改めて聴き直して面白いと思う場面が違います。
今の団塊世代とその子の世代の人は、
この噺で笑っていられないと思います。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山