電力土木屋

| コメント(10)


個人的な知り合いなんだが、「電力土木屋」という商売の人がおりまして、ダムを作って水力発電をする専門家なんだが、とにかく世の中が水力発電から離れてしまって、およそ「お仕事」がない、新規は皆無で、せいぜいが既設施設の補修管理というので、311以前からボヤいていたんだが、大規模水力発電の余地というのは、まだまだ皆無ではないらしい。惚れぼれするような良い地点は,すでに先輩たちが開発してしまっているものの、平均出力約4,900kW,約370地点(未開発地点開発調査結果)の可能性があるそうで、電力土木屋としては「オレに仕事をさせろ!」というのが現状だそうです。ちなみに、太陽光発電は、効率が悪いとか色々問題はあっても、エアコン使用のピークカットには有効だと言ってました。

まぁ、電力屋というのも、原発屋ばかりじゃない、日本にはまだまだ知恵もあれば余力もあるので、掘り出す努力をすべきです。

コメント(10)

これなら三島でもかなり発電できるでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=cRkdZcHB5yE

これなら三島でもかなり発電できるでしょう?

http://www.youtube.com/watch?v=cRkdZcHB5yE

水谷ですが。呼んだ?

こちらじゃショボイ浅川ダムでまだもめてます。
隣じゃ八場ダムだし・・・ダムはやっぱおしまいでしょ。

発電なら十分使える石炭採掘はユダ油のごり押しで止めただけじゃん。原発や巨大ダムの資金があれば尖閣沖だって掘れるだろ。どんな良いアイディア出てきてもユダ油の影響力排除できなきゃ意味無いわ。

補助金(エコペテン公金詐欺)が無いと成り立たないようなソーラー発電はナマポ吉元と同じでちた。

大規模ダムによる発電だけじゃなく色々とありますよ。
農林水産省あたりが昔から行っている水田のダム機能検証がある。
更には、日本の面積で7割は山林という事実から
限界集落に見られるような棚田や山林の手入れ等々複合的に
土木も含めて行えば結構なマイクロ水車による発電網や
田畑&森林木材を活用したバイオガス発電網を構築できる。
これは日本の農業生産や木材の生産にも深くかかわっている。
また山林や水田・畑に繋がる河川(水資源)の整備は漁業と密接な関係がある。
山から流れ出た水が河川に流れ込み、海にそそがれ漁場を造る。
山が魚を育てるのは昔から知られた厳然たる事実である。

日本の地形を利用した林業・農業・漁業・土木・電力機器産業・土木
これらを有機的に運用すれば日本の電力の10%以上賄えるはず?
(マイクロ発電何たらという蔵書に書いてあったがドコにあるか行方不明)
土木は従来型の大手ゼネコン中心のコンクリート型ではなく
その土地や地方にあった、地域密着型の土建業者の力で地域の雇用に繋がる方法はある。

日本は山林国家であるとともに海洋国家でもある。
河川や湾岸・沿岸への視点を変えればよい。
各々の業界や産業をぶつ切りで考えるとナカナカ進まない。
役人の前提や視点だと無理だろ。
こんなときに大鉈を振るえる政治家がいればよいのだけどねぇ。

三島に参ると、三参る島(スリーマイル島)w

用水路のマイクロ発電は、長野が力入れてるんじゃない?
大町とか田んぼが多くて高低差がある所。
http://www.youtube.com/watch?v=HV8Oz1EwfVY

都内なら、下水でやりゃあ良いじゃんwww
ウンコ力発電www

野次馬さんの辺りなら函南周辺で出来るんじゃない?w

三島の町の中を無駄に流れている水で発電できませんかね?

下水はわざとある程度緩い勾配にしているそうです。
少し急にすると、水だけ流れてウン◯は残ってしまうそうです。

そういう程度なら、潮位でも発電出来そうじゃ無い?
満潮の時に水門開けて流れ込む海水で発電。
一杯になったら水門閉めてしばらく休止。
潮位が下がったら水門開けて流れ出す海水で発電。

関門海峡とかでも突き出してる下関の街の中にパイプ埋めて
海峡を東西に流れる潮の流れで往復交互に発電するとか。

不安定で時間限定的だけど風よりはマシでしょ。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山