新ジャガのスープカレー

| コメント(1)


IMG_3357.jpg

スープカレーです。肉ジャガカレーじゃありませんw 肉は、小さめの角煮になっているので、ひと晩かかってコトコトと沸騰させないように煮込んである。バラ肉なので大量に脂が出ますね。丹念に脂とアクをすくって、豚の透明なスープが取れるので、そのスープで今度はジャガイモとニンジンを煮る。豚だけでは味が単調になってしまうので、顆粒の鶏ガラ、コンソメなどで味を整える。



カレー粉入れるのは最後で、スープだけを別の鍋に取ってカレー粉投入。ガラムマサラも入れると香りが立つね。塩で最後の味を調整して、皿に持った野菜の上からカレースープを掛けます。具をカレー・スープの中で煮込んでしまうと、何もかもカレー色になってしまう。見てくれが良くないので、合わせるのは皿の上がいいです。これでカレー粉が入らなければ、とんとポトフなんだが、ポトフというのは冬の料理なのに対して、カレー粉が入ると夏らしくなりますね。長時間煮込んだ角煮が柔らかくて、メークインとニンジンにもスープの旨みが染み込んで、コレは上出来だ。箱根の新ジャガが出まわる7月くらいには似合いの一品です。

コメント(1)

初めて北海道に行って驚いたのは、札幌市内の所謂カレー屋さんは、全てスープカレーを提供している事でした。

CoCo壱やすき家なども、レギュラーメニューの他スープカレーを用意してました。

尤も、各家庭では普通のカレーも作るとの事でしたが。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山