メークインのハッシュドポテト

| コメント(2)


IMG_3248.jpg

さて、メークインならでは、のポテト料理、その第二弾。コレはまだ完成形ではない。まずはメークインを千六本というほどではない、百六本ほどに切り、同量のメークインを摺りおろして混ぜ合わせる。なかなか纏まらずにバラバラになってしまう場合は、片栗粉を水で溶いて流し込めばツナギになってお好み焼きみたいに固まります。この料理では、切ったメークインを水に晒すとか、そういう手間が要らない。すぐに焼いてすぐに食えるので、朝食にはピッタリなんだが、そんな時には塩胡椒なりケチャップなり、好きにして下さい。つうか、今回はコレをベースにしてピザ紛いの代物を作ってみようというコンセプトです。

コメント(2)

あぁ、これはナイスアイディアですね。
毎夕の晩酌時、米とか主食系を食わないので連日メークインのふかし芋をレンチンしてましたが、
目先も変わるので、これをレパートリーに加えてみます。

ちなみに、この状態で食うまでには、何分ぐらいの加熱でいけますか?

薄っぺらに押し付けてフライパンで焼けば、弱火でも10分はかからない。ケチャップ付けて食うと美味いよ。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山