洗脳占い師ドタキャンの裏に占い師がいっぱい

| コメント(3)
なんだか、占い師がいっぱい登場するんだが、今回の騒動というのは、「オセロ中島と同居していた占い師がTVに登場!」と煽っておきながら、実際には別の占い師が出ただけだった、というもので、その「別の占い師」というのは、オセロ中島を「洗脳」した占い師と同居した事があるという占い師だというんだが、ところで洗脳占い師がなんで予告しておきながら出演しなかったのかというと、周辺で暴行事件が起きたかららしい。
「もともと深夜にやっていた同番組がいきなりゴールデン特番となったのは、Iの出演が極秘に決まっていたからで、Iの恋人だという実業家男性のK氏を通じて交渉。"Iを批判しない"ことや"放送される部分を事前にチェックする"ことなどを条件に、OKをもらっていたというんです。番組の目玉になると局もゴーサイン、でも直前になってK氏の側近が集団暴行されるという事件が起こってしまい、事態は急展開したと」
洗脳占い師には、Kという実業家の恋人がいるらしい。そのK氏の仲介でTV出演する予定だったのが、K氏の側近である40代男性がスナックを出たところで5名の男たちによって殴る蹴るの集団暴行され、結果、出演話がキャンセルになったというんだが、ここに出ているだけでも、洗脳占い師と、洗脳占い師と同居していた別の占い師と、K氏側近の修行中の占い師と、占い師が三人も出てくるわけだ。



なんで、こんなに占い師ばっかり登場するんだ? という素朴な疑問はさておき、襲った五人組も占い師だったらもっと面白いのに、というツッコミはさておき、おいら、前から言ってるように、この事件、単なる「占い師がオセロ中島を騙した」というだけの事件ではないです。多数の占い師を抱える「集団」があり、その集団が、洗脳占い師の身元を知られるのを恐れて色々と画策している、というのは確かなようだ。

ひと頃は東京の繁華街に出没していた「ちょうど今、もっと偉いセンセエが来ているので見て貰いましょう」という手口で勧誘する連中とか、横浜中華街に繁殖している占い師とか、そこら辺との関係はどうなのか、まぁ、もともと占い師というシノギは、伝統的にテキ屋稼業に含まれているわけだが、最近はそれだけじゃないですね。統一協会も身元を隠して壺って歩いたりしているわけで、さて、この異様な占い師集団の正体は何なのか? そろそろ話が出て来てもいいような気がするんだが。

コメント(3)

手相でも生年月日モノでも、路上で営業してる占い師は大抵が新興宗教がらみで、
「今すぐ私の先生に会うしかないっ!」
、とか言いだすので笑えますね。

キムチのツボとは。今回のアフィは最高ですw

占い師をタイ語ではモゥ(先生)ドゥ(見る)と言います。何度か自宅にお邪魔して占うところを見てたけれど、日本とは違い、占いを通して社会批評をしているといった印象を持ちました(良くテレビに出ている占い師も政治の話を喋っています)。北京の占い師の学校を出た人が高いランクになるそうなので、世論操作する中華の工作員なのかも知れません。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山