BBQソースについて

| コメント(7)


IMG_3437.jpg

ポテトと太いソーセージ。まぁ、定番のドイツ風食事です。今日のソーセージはkg売り業務用の安物で、あまり良くない。ソーセージの場合、20mm未満だと羊腸使ってウインナーソーセージ、20mm以上36mmだと豚腸使ってフランクフルト・ソーセージ、36mm以上になると牛腸使ってボロニアソーセージという分類になるそうだが、最近、安物では腸を使わずに豚のコラーゲンから合成したケーシングを使う物が増えている。コレも安物なのでコラーゲンのケーシングで、噛んでもブチッという、あの感触がない。ブニョっとしている。食感というのも大事な味の要素なので、ちょっとくらい高くてもホンモノのソーセージを食いたいもんです。



さて、ポテトはいつもの皮付き二度揚げポテトで、今回の眼目はBBQソースです。そこら辺のスーパーで売っている食材で、どれだけユニークで美味しいソースが作れるか。

まずは、赤ワイン。鍋で半分以下まで煮詰めます。濃厚な赤ワインソースに、ケチャップでベースを作る。そこにタバスコで辛味を付けて、粗挽きマスタード入れて、ウスターソースで調整。少し辛味が強すぎたので、XO醤隠し味に加えてみたら、味に奥行きが出ました。まぁ、タバスコは辛味が強烈すぎるきらいもあるので、スイートチリソースの方がいいかも知れないんだが、田舎のスーパーではスイートチリソースは売ってないかも知れない。

コメント(7)

写真と文章も良いですが、動画があったら主婦が殺到すると思うw


>濃厚な赤ワインソースに、ケチャップでベースを作る。

ハンバーグソースもこんな感じで作ってます。

BBQと言えば元来地面に埋めて燻し焼きにする料理なはずで、
味の特徴「スモーキー」さあってこそのBBQソースとなります。

BBQと言えば元来地面に埋めて燻し焼きにする料理なはずで、
味の特徴「スモーキー」さあってこそのBBQソースとなります。

>定番のドイツ風食事

つか、今の時期はホワイトアスパラガスだろww
ソーセージよりも豚腿のハムの方がどこでも出る気がするw

ソーセージは焼いて食う所と茹でて食う所じゃ中身が全然違うでしょw

ソーセージは「ジョンソンヴィル」を一度お試し下さい。
フレーバーはスモーク等5種類あって、お勧めはレモン風味の
「クックドブラッツ」。コストコでは6本入り×2パック1000円前後で
売っていて値段もさほど高くなく、肉々してて食べ応えがありますよ。

僕のかつての師匠です。

どんな方かは、

プロフィールが載っているので、

見て調べて頂ければ、だいたいは判ります。

是非食べて頂きたい商品です。

http://koblentz.net/index.php

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山