ティラノサウルスは、羽毛とトサカのあるニワトリだった

| コメント(4) | トラックバック(0)
象って、微妙に毛が生えているんだが、特に小象は毛がいっぱい生えていて、ポヨポヨして可愛いんだが、実際に触ってみると針金みたいに硬くて、痛いくらいです。なので、恐竜に羽毛が生えていたと言っても、モフモフとか、そんな感じじゃないだろうけどね。でも、トサカもあったというから、もはや鳥そのものなんだが、体長9メートルで肉食の鶏がウロウロしているところを想像するとちょっと怖いw でも、味もニワトリと同じらしいから、そのうち琥珀の中から抽出されたDNAで恐竜の「養殖」が出来るかも。ニワトリ養殖するより効率良さそうだしw

【科学】 中国で全身羽毛の新種大型肉食恐竜ティラノサウルスの化石 体長9メートル
九段の社で待っててねφ ★. 2012/04/05(木) 08:35:55.19 ID:???0
 中国遼寧省の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層から、全身が羽毛に覆われていたとみられる新種の大型肉食恐竜ティラノサウルスの化石を見つけたと、中国科学院などのチームが5日付の英科学誌ネイチャーに発表した。ティラノサウルスのイメージを覆す成果。
 チームは、化石商人が博物館に持ち込んだ3体のティラノサウルスの化石を分析。鼻にトサカのような薄い突起があったことなどから新種と判断した。
名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:38:28.32 ID:oz3q8Jfw0
地球が寒くなって羽毛が生えるように進化したのか
名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:40:32.75 ID:BxYQWe+P0
本当ならすごいけど
出所が少し怪しい
名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:42:11.74 ID:4v+Yhbpy0
ティラノサウルスは羽毛恐竜だったってこと?
いやティラノサウルスだと思ったら新種だったでござるか
37 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:59:37.77 ID:8C0lrICH0
>>8
幼体が羽毛で、生体になるとなくなるというのが定説だった
78 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:15:47.52 ID:Q3yxwad50
>>8
ティラノサウルス科内の新種、だね。
この恐竜に羽毛があったとすると、ティラノサウルス科内の他の恐竜にもあった可能性は
十分にある。
名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:42:19.31 ID:kgI5SKco0
うちの文鳥は恐竜の子孫だったのか
11 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:42:40.64 ID:CFQVP0PC0
後のカラーひよこ、カラーひよこも鶏になると獰猛だったし
13 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:43:38.44 ID:8J2KgtbtO
飛ぶの?
18 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:45:52.13 ID:aoI0awNUO
ふわふわなのかね
27 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:51:48.42 ID:qN1dy650O
>>18
もっふもふだよ!
165 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:55:47.91 ID:FnvXUvLJ0
>>27
獣臭くてごわごわだよ!
21 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:47:26.45 ID:bal940sQ0
こいつらは恐竜に羽を生えさすのほんと好きだなw
別の捏造考えろよ
31 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:55:20.26 ID:yO4OSF6r0
>>21
以前ナショジオで、恐竜は鳥の祖先だから全身に毛が生えてた
可能性がある、ってやってたよ。
チョンの捏造よりは、少し信用出来る気がする。
239 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:57:39.71 ID:9jASUl820
>>21
むしろ最近まで
ttp://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/3/0384b567.jpg
恐鳥類というのがいたよ。
ニュージーランドを元気に走り回っていたんだけど、
あとから移入してきた卑劣な人間共が集団狩りなんてやってくれたから
滅んでしまったんだ。
一対一で勝負したら人間なんて人飲みさ。
本当の弱肉強食時代なら人類なんて被捕食動物にすぎないのになぁ。
254 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:04:52.76 ID:Q3yxwad50
>>239
肉食の大型恐鳥類は、人類が登場する遥か以前に滅びてるよ。
翼になって失われてしまった前肢と、歯のない嘴、飛ぶために軽量化された体では、
後に登場したネコ科の大型肉食獣には対抗できなかったためだね。
33 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:56:12.37 ID:noVTMDXo0
鳥類が恐竜の直接の子孫だから、恐竜が鳥類に似た形質を持っていたとしても不思議は無い。爬虫類だから鱗があって血が青かったとか思ってる馬鹿が多いが恐竜は現在の爬虫類とは全然違う生き物だ。心臓もたぶん2心房2心室だった。
36 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:58:44.83 ID:LN1+a5U9O
>>31
鳥が恐竜の祖先なんじゃなくて?
40 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:01:32.04 ID:yO4OSF6r0
>>36
>>33氏の言うように、鳥は子孫だよ。
22 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:49:14.31 ID:iUzbd+Vn0
中国、またやってくれたなw
段々スケールが大きくなってるあたり、藤村新一を想起させる
23 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:49:18.67 ID:tPG7ao+z0
ふわふわ時代
25 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 08:50:29.12 ID:9dWOfjQJ0
星を継ぐものの話でこんな話もあった
29 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:54:05.43 ID:uDOew/FVP
恐竜って鳥に近い生き物なんだろ
羽根が生えてて不思議はないな
34 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 08:57:07.66 ID:o9vdhpl90
も、もしかして鳥の祖先は恐竜なんじゃね
104 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:25:14.98 ID:hHWzHSGQ0
>34
祖先どころか、鳥類そのものの可能性が高い
頭部がでかくて歯が生えてる点など、現在の鳥類との違いはあるにせよ
108 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:26:53.15 ID:W6K9MCQdO
>>104
気嚢システムは鳥と恐竜だけが持つんだっけ?
骨格の構造も酷似しているんだよね。
126 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:34:58.20 ID:Q3yxwad50
>>108
鳥の中空骨格や気嚢は、一見すると空を飛ぶために発達したように見えるけど、実際は、
大型恐竜が体を軽量化し、体内に効率良く酸素を取り込むための器官だったみたいね。
で、鳥はそれを空を飛ぶのに転用した。
39 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:01:00.94 ID:lrRcY5MpO
確かに鳩の目を見ると凶悪だもんな。
41 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:01:43.86 ID:QHc4RDO+0
ていうか羽毛がある恐竜の化石は色々見つかってるし、別に不思議な事じゃない
42 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:01:54.68 ID:EdkHYzUF0
金魚に刺青入れて喜んでる中国人だ
描いてるに決まってる
45 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:03:54.09 ID:p94mJmc8O
マン拓にしか見えない
46 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:04:22.66 ID:QHc4RDO+0
恐竜は今ある爬虫類よりは、鳥に近いのは有名な話だろw
48 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:04:34.90 ID:ngNUtbiA0
ティラノサウルスが含まれるグループってのは元々鳥類の祖先(もしくは鳥類がグループに含まれる)と推測されている連中で、元々羽毛の存在が議論されていた。だから今回の発見は貴重だけどとりたて驚愕の発見てわけでは無い。
体長9mの比較的大型種にも羽毛があったという事で、保温等の機能面よりディスプレィや個体識別用にも備わっていた可能性が高いという意味で貴重かと。
ちなみに「羽毛」の発生メカニズムってのは、爬虫類のウロコの場合、のばしてささくれ出せば良いだけという組織としては同じようなものなので簡単に発生させることができる。
ちなみに「羽毛」で風切羽を連想してる奴がいるけど、ニワトリの足なんかに生えてるようなのも「羽毛」だから飛べる飛べないは別な。
49 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:04:36.99 ID:WtpabQN10
かわいい小鳥でも鋭い足の爪とか目の周りのウロコとか恐竜っぽい雰囲気あるからな。
恐竜の体温も鳥みたく高かったのかもしれん。
50 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:04:55.73 ID:vnwm7aMq0
非常に目が悪く腐肉を食べるのが主だった可能性もあるって調査も考えると
案外全身羽毛は普通にありそうというかむしろ合理的な気もする
51 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:05:18.35 ID:h91C23ZC0
全身羽毛って、何かモフモフの想像したけど
全然違うんだろうね。
52 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:05:37.22 ID:TBQ24V1IP
そもそも今までが間違ってて
恐竜は皆極彩色の羽毛に覆われていたような気がする
53 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:05:40.05 ID:u8Png+mRO
で、いつ爆発するんだ?
54 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:06:01.87 ID:KldMVjt6P
ティラノはタレより塩が旨い。
56 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:06:32.17 ID:8ARCVEkfO
ティラノの祖先が鳥なら鳩みたいに首コッコッ動かして歩いていたかもしれないと俺が新説発表
57 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:07:01.56 ID:Aw7DpzX7O
何で最近になって羽毛つきの化石が出てくるようになったんだ?
昔も出てたけど羽毛あったら恐竜じゃないって思われてた?
それとも発掘とかの技術が進歩して今まで見つけられなかった羽毛がみえるようになった?
65 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:10:07.33 ID:QHc4RDO+0
>>57
何かお前勘違いしてるな・・・例えばティラノを例に取って簡単に説明すれば
昔の人間はティラノの形を知っていて、ティラノがそのままの形で発掘されるわけじゃねーんだぞ
手探りなんだよ
76 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:14:37.28 ID:Aw7DpzX7O
>>65
形はどうでもいいんだが
羽毛はどこから来たんだ?
羽毛の化石がみつかるもんなのか?
恐竜に羽毛があったって説が出てから急にあの恐竜にもあったとか言うのが不自然な気がして
80 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:16:45.28 ID:WsCg39Hr0
>>76
発見した化石の周囲の土に紋様が出来てるとか
稀にだろうけど
86 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:19:12.22 ID:Aw7DpzX7O
>>80
なるほど
そうすると今までは発掘のとき見逃してたかもしれない痕跡も
羽毛がある説のおかげでちゃんと調べるようになったのか
納得
59 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:07:30.38 ID:6mjhxLj/0
羽毛は飛ぶためのものでなく
体温維持のために発達した機関。
体毛からではなく、明らかに構造から「ウロコ」由来。
これを知らないバカがいっぱいいるwww
384 婆 ◆HKZsYRUkck . 2012/04/05(木) 21:41:21.58 ID:SGk5kvPu0
>>59
言われてみりゃ、体毛から羽毛になるには
「やだ、枝毛だらけだわ!」状態を経なきゃならんもんな。
が、ウロコから羽毛も想像できん...。
ウロコ表面のギザギザ模様が剥離したのかしら。
385 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 21:58:12.39 ID:ZoLpZcgm0
>>384
ウロコの中心部の鞘みたいな部分がビローンと上に長く伸びて、
そこに派生物ができて、みたいな感じだったと思う、
昔、英語論文をちらりと見た感じだけど。
386 婆 ◆HKZsYRUkck . 2012/04/05(木) 22:10:05.44 ID:SGk5kvPu0
>>385
なるほど。
ウロコの構造をよく知らんけど、「中心部の鞘みたいな部分」は
もともと鞘(中空)だったってことなんかな。
と思ったが、たしか白熊の毛は中空なんだよな。
体毛由来でも中空にはなるのか。
387 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 22:20:40.35 ID:ZoLpZcgm0
>>386
論文を探してみた。
これが私が十年ほど前見た論文かはわからないけど。
http://www.yale.edu/eeb/prum/pdf/Prum_1999_MDE.pdf
最後まで読んでないけど、鳥の羽毛の起源についてはまだ定説はないと思う。が、メカニズムは未解明だけどウロコ由来はほぼ間違いなさそう。
388 婆 ◆HKZsYRUkck . 2012/04/05(木) 22:48:16.21 ID:SGk5kvPu0
>>387 
おお、ありがとう。 
専門用語がよくわからんけど、管状のもの(collar)が閉じて中空軸に 
なったってことかしらん。じっくり読んでみるです。 
63 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:09:35.99 ID:amoMxCX90
ここだけの話だが
白亜紀の地層から朝鮮人の化石も発見されたらしいぜ
66 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:10:35.48 ID:5vB1b+GYO
恐竜って鳥の味するの?
67 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:10:38.15 ID:uye7aQxSO
ティラノでさえフサフサなのにお前らときたら
68 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:11:53.85 ID:ngNUtbiA0
ちなみに「中国」って事でマユツバに思ってる奴らがいるようだけど、恐竜研究に関してはガチだぞ。
露出した中生代の地層が広大にあり、なおかつ発掘費用が安く、近年になるまで本格的な研究があまりなされていなかった事もあり学術的な"鉱脈"も豊富・新発見もしやすい。
69 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:12:01.75 ID:e3ICkoe4O
羽毛フサフサの赤ちゃんTレックスとか想像するだけで萌え死ぬ
71 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:12:38.43 ID:1BRtjxU/0
鳴き声はコケコッコーだったのかいな
72 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:12:56.09 ID:1ola7Y6m0
モフモフのティラノなんて・・・><
73 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:13:48.41 ID:cIkLj0aw0
うんっ、もう
75  忍法帖【Lv=7,xxxP】  2012/04/05(木) 09:14:25.76 ID:S4RcpjIj0
おまえらの好きな唐揚げは恐竜の味なんだな
81 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:16:47.46 ID:/C7FlgF90
>鼻にトサカのような薄い突起があった

大きなニワトリだったの( ・´ω・`)
82 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:17:50.24 ID:zXfK4QKdO
ティラノって白亜紀末期も末期の頃だろ
83 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:18:12.33 ID:1VNZCPS10
恐竜って爬虫類っぽいイメージだったけど、実は鳥類みたいだったのかな。
116 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:29:33.21 ID:Q3yxwad50
>>83
現世の爬虫類よりはむしろ、鳥に近いですな。
爬虫類の中から、二足歩行するグループ(主竜類)と、がにまたで四足歩行するグループ
(トカゲ・カメなど)が別れ、その主竜類から、ワニ、恐竜が進化し、さらに恐竜から鳥類が
派生した。
84 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:18:17.82 ID:aZBCBnAF0
恐竜が進化して鳥になったって説があります。
だから羽毛付きの恐竜が出てくるとこの節の信頼せいが上がってきます。
85 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:18:35.81 ID:1ola7Y6m0
この時代は、巨大な ヒヨコ が地上を荒らしまくっていたのか・・・><
ttp://nagamitsu.jp/blog/images/20081003_3789_2.jpg
98 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:23:07.33 ID:bSt5av+Z0
>>85
戦慄した!
88 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:19:23.52 ID:6mjhxLj/0
トサカがある鳥のなかで最小だろ鶏なんてw
てか、おまえら鶏・鳩・カラスぐらいしか知らないってこと?w
92 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:20:51.91 ID:hHWzHSGQ0
>>1
いや、もともとティラノサウルスは羽毛に覆われた
巨大ニワトリみたいな生き物だから
まるで他のティラノは羽毛も覆われてないかよのうな書き方するな
96 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:22:56.20 ID:r6vhsadf0
>>92
だからタモリのニワトリのモノマネとコロッケの恐竜のモノマネが似てるのか?
93 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:21:15.42 ID:bNZii9a0O
こいつらの一部が進化の末にガッルス・ガッルス・ドメスティクス(Gallus gallus domesticus)になって、現代日本ですら山間部とかで大量に収容されてたりするんだよな。
99 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:23:48.57 ID:LTJpCb470
トサカまであるということは、要するに、クソでかい鶏みたいなもんか。
102 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:24:57.61 ID:B+uxVY9uO
キートンだったらワクワクして速攻現地に行って、デートすっぽかした娘に怒られる展開。
103 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:25:04.25 ID:k956gHtp0
化石商人の持ち込みとか胡散臭すぎるだろ・・・
106 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:25:37.73 ID:Mutp1d660
抜け毛に悩むティラノさんも...(´・ω・`)
112 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:28:45.98 ID:+JYBDeRS0
化石商人ってなんだ?
115 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:29:28.87 ID:aeFzzM710
鳥のハシビロコウとかみると
恐竜の表面がうろこより羽毛と言われたほうがしっくり来るよな
118 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:30:53.52 ID:jXpHmDCg0
仮に9Mのニワトリだとしても怖いよね
そんな大きなニワトリがコケコッコーってないたら腰抜かすよ
マジでおしっこちびる自信がある
120 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:32:51.85 ID:EwAHuASpO
とさかのある鳥人間発掘まで後わずかだな
122 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:33:49.71 ID:S7d8Md2e0
じゃぁティラノみたいのからモアみたいのに進化してったんかな
134 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:38:41.39 ID:eviYD4Y+0
>>122ティラノサウルスは捕食性の強い方向の袋小路だ
モアはツルやヤンバルクイナとかに近縁の仲間だ
もっとも、ツルの仲間自体が白亜紀後期にはもう現れていたということで、歴史の古い仲間なのだが
139 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:40:54.05 ID:iQZyEllp0
>>134
ティラノはステータス極振りしちゃって転職出来なくなっちゃったタイプだな
124 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:33:58.43 ID:eviYD4Y+0
>>1口元がスレンダーで、比較的初期の原始的な種類ってことね
白亜紀前期だし、噛む力もアルバート・ダスプレトなど程は強くは無かったのだろうか
ディロングが1億4千万年前と言われているから、たったの2000万年でこんなに大きくなってしまったのか
まあディロングが本当にその時代の最大種かどうかは分からんが
127 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:35:03.34 ID:xUXorSV9O
股関節の機構が爬虫類より鳥類のそれに近いとマジレス
128 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:35:39.82 ID:BLig5FLU0
状況はわからないが、鳥の羽毛にまみれて死んだだけじゃね?
133 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:37:40.55 ID:2qG7RZp50
中国は恐竜の化石が沢山出る所だから新種が出てきてもおかしくない
ただ、昔から漢方薬として珍重されてきたから、どれだけの発見が消えたことか・・・
136 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:40:28.72 ID:Q3yxwad50
>>133
竜骨は殷の時代に占いに使われていたカメの骨でなかったかね?
とはいえ、既に何度も鋤き返された畑の中から化石が見つかったりするんだから、
中国の恐竜研究の現場ってカオスだよなぁ。
135 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:39:03.66 ID:XrcTnvQB0
やはりティラノサウルスの想像図は直立ゴジラタイプが最高だな
142 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:43:25.07 ID:KJ9PVg40O
化石商人
143 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:43:29.32 ID:becaZO8I0
ティラノが羽毛で卵産んで巣で温めてたら嫌だな
145 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:44:30.28 ID:m2BTm9IpO
ところで...本物なのかい?
146 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:45:16.92 ID:W6K9MCQdO
今のCGに出てくる恐竜は羽毛が生えてるもんな
映画「ジュラシック・パーク」は古い情報だらけで突っ込みどころ満載
158 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:49:58.11 ID:Q3yxwad50
>>146
まぁ、羽毛恐竜の化石が見つかるようになったのは、中国での発掘調査が可能になった
90年代以降の話だからねぇ。
150 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:45:42.94 ID:291qb0kb0
羽毛の生えた恐竜=ニワトリみたいなトカゲ?
今生きてる動物で近いのは何ですか?
151 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:46:11.99 ID:eviYD4Y+0
ジュラ紀にも、全長(鼻先から尾先まで)8~10mの肉食恐竜が何種類もいたが
11mから上は何故か本当に少ない
どんな分類群からも、9m程度に成長するものはどんどん現れる
そこでぱたっと止まる
よく言う「2本足の巨大恐竜は走れない」という運動限界が、殆どの種類で現れるのがここなんだろうなあ
>>1の種類も、体重1.4tか
2.5t過ぎた辺りから、殆どの大型肉食恐竜は歩くだけになっていたと
だけど、その壁を何故か破ってしまったのがギガノトサウルスとかマプサウルスとかティラノサウルスだったと
そしてこいつらは何を食っていたんだ?と
>>1みたいな足の速い連中が苦労して得た獲物を横取りするために大型化したのか?
それとも、もっと巨大な竜脚類狩りに特化したか?
と、相変わらずアラモサウルス狩り専門にTrexが巨大化した説を唱えたいわけだが、
分布地が違うのでダメ(白亜紀の北米は島嶼に分断されていて、アラモサウルスとTrexは同一の陸地にはいなかったとの事)
153 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:47:07.46 ID:Otykj37T0
新種なのかティラノサウルスなのかはっきりしろよ
156 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:49:53.96 ID:rjrXeHrEO
>>153
新古品なんだろ
155 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:49:30.95 ID:SxSlcngSO
チャンコロの捏造
160 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:50:19.75 ID:9qArgBOc0
ネイチャーまでも欺く中華帝国?って事はないだろうな。
161 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:50:46.45 ID:lmpGOIsv0
支那人に食われていなくなりました
163 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:53:18.71 ID:NkKTlfK3P
なんか名前がかっこいいぞ。今度はモンハンで登場だな。
164 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:53:37.50 ID:R9FGz7pJ0
大丈夫?爆発しない??
168 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 09:57:59.72 ID:1UNva3mG0
中国なら生きた恐竜も見つかると思うなw
170 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:59:25.74 ID:1FQUMegUO
恐竜の常識って次々変わって面白いな。
イグアノドンとか俺がガキの頃見た図鑑の絵と大違いだもんな。
ティラノもゴジラみたいに立ってたし、いつの間にかブロントサウルスじゃなくなってるし、
ジュラシックパークのベロキラプトルも、もう今と全然違うしさ。
173 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 09:59:46.69 ID:1BRtjxU/0
中国人自体が北京原人みたいなもんだからな
176 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:00:37.64 ID:FqHysn3X0
人間でもいるだろ
毛は髪と眉睫毛、髯、腋毛、陰毛と若干の体毛くらいが一般的人間だが、体中に羽毛のように毛がびっしりの人間もいる。
きもすぎ。
177 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:00:41.31 ID:B0wLs/zm0
恐竜は羽毛布団で寝てたんだよ、きっと
178 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:00:43.92 ID:s54uBItXO
前肢が翼になる前の鳥か
183 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:04:53.96 ID:6mjhxLj/0
>>178
全長9メートルの、な。笑
181 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:03:59.99 ID:0Nx1jb0h0
つまり、、、
ペンギンは生きた恐竜ってこと??
186 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:13:41.75 ID:UlYPbKaH0
うそくせー
187 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:15:05.65 ID:mX4CDM3e0
陸上生物では史上最強のティラノサウルスを俺は崇拝してるよ
188 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:15:21.20 ID:bS2BXbMd0
うち鳥いるから嬉しくなった。ふわり。
189 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:15:26.65 ID:vecCNzIM0
日本にもいるじゃん。背中に毛の生えた女とか、牛乳飲むとヒゲが出来る女。
アレも新種かな?
191 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:16:07.84 ID:W6K9MCQdO
卵を抱えた姿で発見されたもんで「卵泥棒」という意味のオビラプトルと命名された恐竜が、
後に自分の卵を温めていた恐竜だと分かって汚名返上wしたことがあったね。
恐竜に関する常識はどんどん覆されて当たり前だと考えた方がいいかも。
192 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:16:11.63 ID:27qzajiK0
今回の発見はここにPDFで論文出てるから読めば詳しくわかる
http://www.xinglida.net/Yutyrannus/Yutyrannus.htm
これは基盤的ティラノサウルス類の化石で、
ティラノサウルス属ではないし、レックスとは全然異なる種。
エオティラヌスに一番近いから、分類するならティラノサウルス上科か
194 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:17:58.50 ID:kq79iyQdO
ポンポン新種が発見されてるねぇ...
197 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:19:20.32 ID:1BRtjxU/0
あれなら埋め戻しておきましたので解りません
198 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:22:09.26 ID:IGcPgueK0
氷河期滅亡説消えたな
ぬくぬくしてたに違いない
203 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:25:58.68 ID:Q3yxwad50
>>198
隕石激突に伴う寒冷化、だけじゃ到底滅びそうに無いですよな。
もっとも、K-T境界で落ちてきた巨大隕石は、地球上に異常気象を起こす程度では済まず、
岩石蒸気で地球上の生物のほとんどを焼き尽くすほどの規模だったようですが。
200 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:24:12.18 ID:DBDT4SzMO
なんで現在は恐竜みたいに大きい動物はほとんどいないんだろうな
あのデカさは地球では無理があったのかね
201 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:25:14.50 ID:eviYD4Y+0
>>198氷河期程度なら、赤道の暖かい所に退避すれば良いだけの事だ

あの時代に恐竜の多様性が低くなり、小型種が、嘴の無い現世の鳥と同じ仲間しかいなくなっていた、というのが真相なんだろうなあ
隕石だけじゃなくてもっと多数要因が重なっていたと思われる
鳥脚類でヒプシロフォドン類だと、それ以前に地中に穴を掘るものもいたので
これが休眠していればまた違ったのだろうが
209 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:32:24.37 ID:eviYD4Y+0
>>201自己訂正
>小型種が、嘴の無い現世の鳥と同じ仲間しかいなくなっていた、と

小型種が、歯および翼の指の無い現世の鳥と同じ仲間しかいなくなっていた、と
202 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:25:49.50 ID:cNIQOUPL0
実は人間(等)の体毛も、ウロコが進化した姿だという話があるんだよな
恐竜のウロコがけになったってのもあり得る話
205 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:28:35.60 ID:Q3yxwad50
>>202
どっちも同じケラチンでできてますからな。
204 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:26:38.98 ID:kB0WwdG9O
でも恐竜が居たと公式に発表されたのがたかだか100年前だろ?
だけど3000年前から中国には竜として恐竜が出てきた
3000年前の中国人はどこで竜である恐竜の存在を知ったのだろうな
歴史には記録に残っていない、偉大な発見が多過ぎる
218 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:41:23.54 ID:eviYD4Y+0
>>204巨大動物の骨が見つかる地域では、昔から色んな伝承があったとの事
北米のインディアンは、第三紀の巨大でカブトムシのような角を持つ哺乳類のウィンタテリウムの骨を見て
雷に乗って天空を駆け巡る幻獣がいるのだ、と伝説を残している
南米で、メガテリウムやグリプトドンの骨が川沿いから現れる地域では、この川の水に触れると動物が巨大化する、
と現地人が信じていたという
このような化石が多く発掘される地域は、乾燥している
湿潤地域だと化石中のカルシウムが溶脱され易い。熱帯湿潤地域では、珪素まで少しずつ溶けてしまう
そんな訳で、現在の世界で最も大きな大陸であるユーラシア大陸の最も内陸にあって、
乾燥したタリム盆地を持つ中国から、良質の化石が多数発掘されるのは当然なのである
もっと北でシベリアだと、永久凍土層で化石が霜柱状の氷のせいでグシャグシャに砕けてしまい
それがシベリアの針葉樹由来の土壌酸のためどんどん溶脱されてしまうので化石は残らない
222 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:44:34.80 ID:eviYD4Y+0
>>218また自己訂正だ
ウインタテリウムじゃなくてブロントテリウムだった
スマン
スー族には「空に棲み、嵐の空を駆け巡る巨大な馬」についての言い伝えがあった。彼らはロッキー山脈東部のバッドランドから出土する巨大な獣の化石を、その「馬」のものだと考えていた。マーシュはこの伝承にちなみ、この生物に「雷の獣」を意味する名を与えた。
207 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:29:57.74 ID:Wa1QeyRt0
今でこそティラノサウルスだステゴサウルスだ語れるけど
大昔の中国人は恐竜を知っていたのだろうか
伝説のドラゴンは恐竜の事だよな?
そこに注目、フォーカスするのが
このニュースの肝だろう
出来上がった研究結果をベースに談義するのはまだまだ中の中
212 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:34:57.03 ID:gjnQd0Ai0
>>207
恐竜がいたころは、猿すらいません
210 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:32:39.64 ID:cNIQOUPL0
人間等の横隔膜を使った呼吸法より、
直接肺を変化できる鳥や恐竜の呼吸法の方が酸素吸収という面においては優れてるらしいね
恐竜が巨大化できた一因はこの酸素吸収能力にもあったらしいな
211 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:33:24.38 ID:kB0WwdG9O
恐竜絶滅の原因には最近有力視されている説があって
太陽の表面爆発によるガンマ線バーストが地球に降り注いで
大型動物達は放射線で絶滅したと言われている
255 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:06:22.40 ID:ngNUtbiA0
>>211
何故小型動物が生き残れたのか、また恐竜のサイズは大型犬程度の奴が平均値だけど、そいつらやそれ以下サイズの恐竜たちも絶滅したのは何故か。
また、同じような爬虫類でもあるワニやトカゲ等の大型動物が生き残れた理由は?
ガンマ線バーストで死ぬくらいの放射線が降り注いだっていうならこの辺が説明出来ない以上無理がある。
長期に渡り降り注いだって言うならKT境界あたりで奇形化石がもっと数多くあってもおかしく無いし。
213 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:35:03.50 ID:IGcPgueK0
おまいら詳しすぎるだろ
実は絶滅したんじゃなく羽根あったなら地球外に飛んで逃げたって可能性も
214 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:37:15.76 ID:ybmhY/iS0
化石の骨は昔から出ていたから伝説として語られていたわけ。
実際シルクロードに多いからそんなので夢見ていたのかもね
216 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:40:48.81 ID:b6jopMCjO
恐竜絶滅は乱獲が原因
217 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:40:57.86 ID:iUzbd+Vn0
中国はすでにディロングという小型のティラノの祖先形を発表済みだったからな
今度はそれより少し後の時代の大型肉食獣を捏造し、発表するタイミングを狙っていたんだろう
220 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:43:25.08 ID:h3RKia4qO
もふもふしてて、実は癒し系?
ジュラシックパークの緊迫シーンが和やかになるな
221 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:44:31.19 ID:27qzajiK0
化石そのものを捏造するのは非常に難しい。
今まで捏造されたのはほとんどが異なる種類の化石を組み合わせたもの。
今回の発見が、ことなる種の化石を継ぎ接ぎした可能性は否定できないが、
羽毛の痕跡自体は本物だろう。
どちらにせよネイチャーに載った時点で、ある程度信頼できる
223 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:45:36.97 ID:ddVy3miM0
恐竜はトカゲ系ではなく鳥系だったのか
226 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:47:42.55 ID:WtpabQN10
文鳥はツンデレで怒るとすぐ噛み付く性格が恐竜っぽい。
インコはデレデレで恐竜っぽくない。
235 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:52:19.77 ID:XKOkhlBGO
>>226
恐竜の性格を知るには文鳥を飼えば良いのか!
251 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:01:09.67 ID:nCZIaCnuO
>>226
ウチのコザクラインコもなかなかのツンデレで
ツンの時には流血モノだわクルミ粉砕だわなので
わりと本気でティラノサウルの子孫だと思ってるお(´・ω・`)
227 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:48:29.45 ID:/kuSQ/160
恐竜と鳥は似ても似つかない。
頭も体も脚も、何一つ共通点がない。
229 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:49:09.77 ID:nCZIaCnuO
この夏の恐竜博が楽しみだなぁ。もふもふティラノ和みそうw
しかしおまいら詳しいな(´・ω・`)
230 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 10:49:16.80 ID:ybmhY/iS0
生物学的ではないけど、本当は1万年前まで海には生息していてそれが人類と遭遇していた説がある。
人類も100万年だからもしかして生き残っていた恐竜からそんなイメージを受け継いだのかもしれない。
232 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:50:39.62 ID:6xUEfzV30
シナ人の祖先か、そりゃ獰猛なはずだわ
237 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:56:00.19 ID:27qzajiK0
最近じゃ恐竜は鳥類と同じく気嚢を発達させていたんじゃないか、
って説が有力だからね。
実際マジュンガトルスから気嚢の痕跡が発見されてるし。
羽毛と気嚢の痕跡がそろって、ますます鳥類の祖先が恐竜って説が定着しつつある
240 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:57:42.59 ID:cNIQOUPL0
進化の面白い話として、
「一度退化した器官は復活しにくい」ってのがあるんだよね
退化はしやすいが、その逆は起りにくいということ
241 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:57:57.69 ID:/IlPklco0
白い産毛に包まれた、もっふもふのティラノサウルスの子供を想像してみた
抱きしめた瞬間に喉笛噛み切られるなw
247 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:58:40.62 ID:LkGVru7H0
ティラノサウルスって「史上最強の肉食獣」って事である意味アメリカの象徴
みたいなもんだけど、中国でもっとでかいティラノサウルス系が見つかったら
どうするんだろ?
248 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 10:59:13.84 ID:s280VSLR0
実は恐竜は全部羽毛が生えていたと思うんだが
250 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:00:47.11 ID:F2P1xuVq0
なんか解明されるたびにダサくなっていくティラノ
羽毛生えたデカイトカゲとかキモすぎる
昔の手短いころが一番かっこよかったなぁ
253 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:02:57.39 ID:z4YUhQBm0
中国以外だったら信じられたのに
257 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:07:58.51 ID:ylmdR12B0
1億2千万年前の中国人ってどんな感じだったんだろう。
259 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:08:59.91 ID:/kuSQ/160
ホモサピエンスがいたら、恐竜は簡単に絶滅させられていたよな。
ティラノサウルスみたいな危ない奴は、真っ先に滅ぼされていただろうし。
大きな落とし穴に落とされて、槍だの石だので、なぶり殺しかよ。
パネーな。
260 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:10:57.03 ID:Q3yxwad50
>>259
まぁ、色々と、物には順序というのがありまして・・・
例えば、人類の祖先となる霊長類は、新生代に被子植物の密林が形成されるようになって初めて、樹上生活という新天地を見出して進化できるようになった訳で。
261 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:11:24.79 ID:27qzajiK0
小型恐竜のうち鳥類だけ残って、他の小型恐竜が絶滅した原因は大きな謎。
だがもっと謎なのは他の爬虫類が生き残っていること。
特にワニやウミガメが生き残って、首長竜やモササウルス類が絶滅した理由がわかっていない。
262 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:11:29.36 ID:NIx8s+fr0
ボッ、ボキの股間のT-REXわっ、毛が生えてないでつ!!
これってびょーきなの?? ><
263 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:11:54.72 ID:bqtkrE7oO
鳥類以外の現世爬虫類でフサフサなのっていないよな
287 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 12:05:10.04 ID:8C0lrICH0
>>263
哺乳類も広義の爬虫類と言える
というか、小学校で教えるような鳥類・哺乳類・爬虫類みたいな現生動物の分類は意味ない気がする
人の都合で区別してるだけで、実際の進化の流れはシームレスだから
269 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:19:23.27 ID:Q3yxwad50
>>263
外温性(昔の用語で言う所の変温)動物ですからな。
現世爬虫類と恐竜は、同じ爬虫類とは言っても、かなり早い段階で別系統に分かれてる。
280 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:47:37.37 ID:gjnQd0Ai0
>>269
恒温動物はもう決定なんか
なら、この羽毛は保温目的で、白亜紀後期の温暖な気候にいたいわゆるティラノザウルスの羽毛が退化したという説は納得できるな
297 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 12:27:36.14 ID:ngNUtbiA0
>>280
決定ではない。
むしろ大型になればなるほど恒温化によるメリットは無くなるわけで。
267 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:16:56.97 ID:27qzajiK0
羽毛なら色素が検出されて色も判明するかもね
278 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:33:42.81 ID:RsC/BlKi0
セキセイインコ・オカメインコ・文鳥・スズメ・カラスと飼ったが
どれも目を良く見るとすごく冷酷非情に見える
オカメだって普通に見るとまんまるだが寄ってよく見ると
瞳が爬虫類よりも冷酷だ
蛇の眼の方が可愛く感じるくらい
それと足の皮膚は爬虫類と同じ感じだ
鳥類は恐竜から進化というのはなんとなく共感出来る
286 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:54:28.77 ID:WtpabQN10
>>278
文鳥の鍵爪も形は肉食恐竜と変わらないしなw
しかしトカゲと違って暖かい。
冬に指にすがると体温が伝わってくる。
温めた指環みたいな。
恐竜はどちらだっただろうか。
281 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 11:49:02.80 ID:xVn6EgHF0
【恐竜】鶏はティラノサウルスの現存する「近縁」...分子レベルで初の裏づけ(画像あり)
http://milfled.seesaa.net/article/94817193.html
そういえばティラノの肉はニワトリの味に似てるんじゃないかっていうこんなニュースも前にあったね
283 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:54:06.87 ID:/kuSQ/160
鳥を飼っている奴って、何なんだろうな。
鳥くさいのに。
マジくせぇ。
猫も犬もくせぇ。
牛も豚も馬もくせぇ。
俺の匂いが一番臭い。
犬の匂いがする。
284 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 11:54:07.00 ID:FJWes4HVO
中国と聞くと何でも捏造に思えてしまう...
302 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 12:34:06.47 ID:WtpabQN10
>>284
1000万年後に羽毛の生えた新幹線の化石が!
冗談はさておき化石研究は価値を理解して割と真面目にやってる印象がある。>中国
288 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 12:08:10.45 ID:xEp0w0F20
うちのピーコちゃんの足も恐竜の足に似てるよ(´・ω・`)
290 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 12:11:49.90 ID:r/64+PDb0
発見されてるのが中国ってところで、素直にスゲーって言ったら後で恥かきそうな気もする
293 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 12:17:06.27 ID:8TdcvFul0
>>290
今回はカナダの研究チームが関わっているから、まあ大丈夫なんじゃない?
295 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 12:21:35.02 ID:Ip2s+Mf40
>>293
 中国系カナダ人で構成されてないよう祈る
298 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 12:28:41.19 ID:Q3yxwad50
>>295
まぁ、上でも言われてる通り、化石の捏造は困難、というか、ほとんど不可能だからね。
現在では、X線で内部構造を解析するのも普通にやってるし。
309 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 13:31:25.30 ID:6TqFndGL0
鼻に突起のある肉食恐竜ってケラトサウルスじゃね?
311 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 14:44:34.68 ID:GqFr7BRh0
昔の子共向けの図鑑はゴジラみたいに直立してたよな
314 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 14:56:56.54 ID:XWt/dHFX0
スレ読んでないけどたぶん言いたいことは言い尽くされてる
319 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 16:03:29.57 ID:e8eyMb+Q0
なー良く、恐竜の骨は軽量化されて気嚢システムが有るとか言ってたけど
そんな必要が有るのは大型の恐竜な訳だろ?鳥にも同じシステムが有るとか言ってるけど
恐竜が鳥と共通の先祖の小さい時代に空飛びもしないのにそんなもんが必要だったのか?
恐竜って羽毛がデフォみたいな感じの学説からして
もしかして先に鳥が居て、鳥が恐竜の先祖なんじゃないのか?
323 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 16:20:46.29 ID:3CU2g6pj0
>>319
恐竜誕生以前に極端な低酸素時代があって
環境に適応するため気嚢システムを手に入れた。
で、酸素濃度が増えてきて恐竜が巨大化し繁栄した。

て、NHKでやってた。
329 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 17:24:54.01 ID:e8eyMb+Q0
>>323
骨のスカスカは大型化の為?だとするとでかくなってから縮んで鳥に成ったってことになるけど
恐竜に成る前に既に飛んでたほうが全部すっきりするよね普通に
337 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 17:37:05.54 ID:kgefxuAW0
>>329
生物の進化では一旦変化したものが元に戻ることはないので空をとぶための翼が歩いたり物をつかむための前脚に戻ることもない。
ダチョウやニワトリは空を飛ばなくなったけど翼は退化してるでしょ。
いわゆるダイノバード仮説でも、樹上生活をしていた共通先祖から分かれて地面に降りたのが恐竜で、そのまま樹上生活を続けてやがて飛行能力を持ったのが鳥としている。
327 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:11:58.44 ID:ykL0vfekO
「恐竜の鳥」は実際には中国の進化論者の作品だった。中国人のアマチュアが、88の骨と石とから、にかわやセメントなどの接着剤を使って作成していたのだ。
http://www.harunyahya.com/other/jp/darwinism_refuted/refuted6.php
《偽造された『化石』 》
接着剤で偽造された「翼を持った恐竜」の化石
http://www.eternal-lm.com/book5/souseiki2.html
328 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:16:24.39 ID:ykL0vfekO
鳥類と哺乳類の架空進化論。
世界中で最も有名な鳥類学者の権威である北カリフォルニア大学のアラン・フェドゥーチャ(Alan Feduccia)は進化における鳥と恐竜の関連性について反論した。
私は25年にわたり鳥の頭蓋骨を調べてきたが、今までに恐竜との類似点を発見したことはない。私には、関連性があるとは思えない...。
獣脚亜目が美しい鳥の起源だという意見は、古生物学の歴史で最も大きな恥となりかねない。57
http://www.whatislife.jp/index.php?option=com_content&id=25
330 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:26:24.83 ID:LYZtl7jp0
空飛ぶティラノか。
もともとティラノザウルスの骨格って鳥類そっくりなんだよね。
331 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 17:29:09.97 ID:OhXilA8TP
一億年前の地球は今の半分の直径しか無かったから重力も半分だった
だから、恐竜のような体長20メートルもある動物が沢山空を飛ぶことが出来た
現代の巨大化した地球では想像できないだろう
333 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:33:06.25 ID:ykL0vfekO
>>331
はい。 当時の地球は今とは違う異次元の惑星といって良い程物理運動法則も大気組成も重力係数も異なっていました。
月の影響と地球の自転速度などが今とは異なっているため重力が現代とは較べものにならないほどあまりにも少なくさらに低重力によって逃げるはずだった大気は
天空にある天の水の層と呼ばれる水蒸気層によって大気圏外上空から高圧で押さえ付けられていたため気温も気圧も湿度も酸素濃度も非常に高かったのです。
それによって空気の粘度が水飴の如く高まり陸上つまり空中は水中と同じく浮力が生じるような環境だったのです。
335 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:34:45.56 ID:HOgvPHGv0
重力が軽いときは地上生活
重力が重くなると体を小さくし空に
きれいに符合するな
338 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:38:28.16 ID:ykL0vfekO
空においては始祖鳥、翼竜、メガネウラ、巨大ゴキブリなどの昆虫、赤い竜など。
陸上においてはマンモス、人間(特にネフィリム族など)、モア、バルキテリウム、大なまけもの、恐竜など。
水の中においては後に赤い竜の権威を持つとされる赤い獣、ベヘモスと呼ばれる河馬とも恐竜ともされる巨大怪獣、
鯨(もちろん現代のものより遥かに巨大。学者はシロナガス鯨こそ過去現在で最大の鯨だとしていますがそれは誤りでありステマです。)、プレシオサウルス、チロザウルス、レビアタン(巨大鰐のような怪物)などの海竜など。
さまざまな生物いや怪獣怪鳥怪植物怪人達が現代では生存できないほどに巨大化し共存していったのです。
化石が発掘された地層と地域が動物によって違うのは大量絶滅の際知能と運動能力が高い者程高い位置に避難したことと
生物学の権威、今西氏のおっしゃる通り動植物の種によって住み分けがなされていたからでしょう。
339 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 17:41:22.58 ID:ykL0vfekO
昆虫や翼竜始祖鳥など空の動物で最低でも数百から数千トン陸の動物で体重が平均数千トンにも達しました。
中にはベヒモス、マンモス、レビアタン、ネフィリム族、古代鯨、バルキテリウム、赤い竜と獣、殆どの種の恐竜(ティラノサウルス、プレシオザウルス、ブラキオザウルス、ケツアルコアトルなどは有名ですよね。)
などのように数万トンから数十万トンもの戦艦に匹敵する体重にまでなったものもいました。
その中で最も巨大なものは現代のテレビゲームでは龍の類とされている怪魚バハムトです。
この巨大生物は三日経ってもまだ通り過ぎようとする長い胴体が延々と続きそれを目撃した当時の世界で最も有名な偉人を驚かせたと言う記録が残っています。
さぞかし当時の地球はテレビ、映画、テレビゲームをにぎわせる怪獣ドラマのような壮観雄大な世界だったでしょう。 こうして生物は恵まれた環境の中で無限に巨大化していったのです。
343 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 17:50:18.48 ID:ykL0vfekO
また、ピラミッド、モアイ、コロッセオなど巨石をつかった古代文明の巨大建造物は現在の環境では人力処か現代科学の粋を集めたあらゆる建築機材をもつてしても素材までまったく同じものを建造する事は不可能だとされています。

超古代文明?
地球の重力が小さいなら、人間も大きいはずである。ざっと、今の5倍ぐらいのはずです。巨石建造物は、巨人が作ったと考えれば、すべての謎は解けてしまう。
ピラミッドしかり、モアイ像しかり、ナスカの地上絵しかり
http://clover.h555.net/u/benkei
345 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 17:56:09.00 ID:ykL0vfekO
しかしもちろん古代のさまざまな巨大生物はあまりに恵まれすぎた環境によって怠惰になり巨大化しすぎたという致命的な欠陥によって大量絶滅後の寒冷化と現代の重力と気圧と酸素濃度では適応できませんでした。 これら巨大化しすぎた者達はいわば失敗作だったのでしょうね。
しかしわずか二頭、生き残った者もいます。それが世界の終末に人類を脅かすと予告されている赤い龍とその権威を得た赤い獣です。
349 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:01:46.29 ID:ykL0vfekO
彼等、赤い龍と赤い獣は失敗作たちとは異なり自ら反重力を発生させ自重を支え宙を舞う超能力と宇宙空間でも活動できる適応能力を持っていたために大量絶滅期の重力増大に対して難無く生き延び、
スポーツ、スクリーン、セックス、テレビゲーム、漫画、ロックなど各種娯楽、タバコ、大麻など各種ドラッグ、進化論、アポロ、医学など各種科学などによって彼等に同調した人々
とその他あらゆる動物(特に蛇、鰐などかつての恐竜の類つまり全ての冷血な生物が同調しやすい)たちをテレパシーを使い影で洗脳しつつ恐竜などの同胞をすべて滅ぼした原因となった大いなる存在への反逆と復讐の刻を虎視眈々と狙っているのです。
彼等に洗脳され額などに666の刻印を押された生物は終末の刻に彼等と共に火と硫黄の海の無限地獄に投げ落とされ永遠に苦しむ羽目になります。皆さんも気をつけましょう。
351 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 18:05:18.13 ID:ykL0vfekO
1859年にダーウィンが"種の起源"を出版、いわゆる進化論を発表した。しかし当然ながらそれまでの学説に背くこの荒唐無稽な説は
当初から支持者ばかりがいたわけではなく、進化の過程を証明するための中間的生物の証拠に乏しい──
いわゆるミッシングリンクの問題などもあって疑問視する声も多かった。
それに対して救世主の如く現れたのが、このすぐ後に発見された"始祖鳥(アーケオ・プテリクス)"の化石だ。
これによって「この化石は鳥と恐竜が"進化"しその中間の生物がいた物的証拠だ!」という説が立ち
進化論はその"正当性"が認められる事になった。いわば始祖鳥化石は進化論の隠れた立役者でもある。
さて、その始祖鳥化石であるが、発見当時から現在に至るまで常に疑問の声がつきまとっている。
352 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:06:12.09 ID:kgefxuAW0
始祖鳥贋作説ならとっくの昔に否定されてるんで。
354 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 18:23:56.52 ID:ykL0vfekO
始祖鳥化石の発見の経緯を見てみよう。南ドイツ・バイエルン地方のドナウ川の支流、
アルトミュール川に沿ったゾルンホーフェンという石切り場があるがここでは種々の化石が発見されていた。
これらは当時珍重され博物館などに高価で買取りされていた。
しかし大量に行き渡ってしまうと売れなくなるか価格が暴落してしまう。
これらは化石業者にとって頭の痛い問題で、そのため化石に手を加え、新しい風変わりな珍しい化石を作り出す
「化石偽造技術」が次々に生み出されて発達する事となる。
珍しい化石であればあるほど高値で取引されるためだ。
なお始祖鳥化石が出現する以前から既に「化石偽造組合」が存在していた。
356 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:27:16.49 ID:ykL0vfekO
そしてダーウィンが進化論を発表した2年後の1861年、進化論に疑問を持つ古生物学者アンドレアス・ワグナーがこの地で
始祖鳥化石を"発見"したというニュースが華々しく報じられる。
しかし発見と同時に全世界で疑問の声が上がった。 まずこの始祖鳥化石とやらは、羽毛がついているという顕著な特徴を除けば
コンプソグナトゥスに異様なまでソックリ。いや同種とさえ言っていい。
次に巨体と翼を有しているのに腕の骨が異常なまでに脆く細すぎる事。
前肢に生えた片腕だけでも最低数メーターに及ぶこのあまりにも巨大な翼を役に立たせ、
最小でも航空機ほどもある巨体と重量を宙に浮かせるには 羽根の付け根部の骨が非常に強靭な骨格になっていなければならないのだがとてもそんな風にはなっていない。
これでは例え仮に重力が少なくなっていても飛ぶ以前に腕を上げる、いや微かに動かすことすら大変どころか不可能だったろう。
生物学的にも物理学的にもこの骨格はあまりにも不自然なのだ。
357 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:33:29.98 ID:ykL0vfekO
これらについて世界中の学者が発見者のワグナーに質問を突きつけようとしたが ワグナーは化石を発掘して間もなく謎の不審死。
結局"発見者"の死によって真相は闇の中に葬られた。その後この化石は大英博物館に収められるが 大英博物館は「あまりに貴重な化石のため、傷がついてはならない」
などと主張してどこぞの電気会社の如く一切の鑑定を禁止。 「磁器によって偽造したとしか思えない、羽毛の部分の物質について
0.5グラムだけでもかすり取れれば真贋が判定できる」と長年言われているのだが 不可解な事にこれに対しても発見以降150年が経過しても許可ひとつ下りないまま。無粋なお役所(笑)である
結局進化論を広めるための金看板として使われたこの化石については、いまだに真相がわからないままなのだ。
358 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:35:54.54 ID:ykL0vfekO
それでもなお御用学者とそれに洗脳されたアカデミズムどもは進化論の正当性のために 「鳥は恐竜から進化した生物ニダ!」と主張し続けた。
そしてそれを証明するように第二第三の始祖鳥化石が世界各地(主に中国といった共産国など)で"発見"され いまや疑問を呈する者はいなくなった。
だがしかし今なお論じ続けられているいる初期始祖鳥化石の真贋はともかくとして現代では始祖鳥が現在の鳥の祖先ではないのはいまや明白な事実で、
これは進化の袋小路に陥った絶滅種のひとつであるとされている
では、鳥とは一体何から生まれたものなのか?
鳥と恐竜の関連性は? さらにミクロラプトル、ディノニクスなどの90年代以降出土された羽毛恐竜全てにまつわる問題点は?
これらが現代では主に共産国、または政教分離を唱えている国、もしくは多神教国で集中して"発掘"されている理由とは?そして偽造組合と進化論支持者を動かす黒幕とは?
これについてはまた機会を改めて論じる事にしよう。
360 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:45:25.33 ID:9jASUl820
プテラノドンの立場って今、もしかして微妙なの?
「おお、これは貴重な翼竜の化石!!」
から
「ああ、昔の鳥の化石な。なんの外連味もないな」
的な感じなのかな。
おれプテラノドン大好きだったんだけどなぁ。
362 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 18:55:32.81 ID:gjnQd0Ai0
>>360
アニメみたいに、飛翔できないからなw
せいぜいモモンガのように滑空で木から木へ移る恐竜に夢はないな
364 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 19:01:05.82 ID:ZoLpZcgm0
恐竜→鳥への進化説で唯一弱点とされていた、
digital devide(指の分岐)、恐竜の前脚の指が1、2、3指なのに
鳥は2、3、4指という話は、どうなったんだろう。
第四指が鳥に進化して復活、ということはありえないということらしいけど。 
366 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 19:10:26.42 ID:l4aeIjXS0
>>364
【インタビュー】鳥が恐竜から進化した説を巡り、唯一残されていた矛盾を解決(東北大教授の田村宏治さん)
http://shinbun.fan-miyagi.jp/article/article_20110313.php
恐竜の前足の指と鳥類の翼の指は同じもの
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/press20110211.pdf
368 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 19:12:03.36 ID:DMCIIEfP0
北京原人の骨ってどこに行っちゃったんだろうか
371 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 19:25:06.00 ID:gjnQd0Ai0
遺伝子的にはどうなんだ?
形状で論じるより早いんじゃないか
372 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 19:26:42.75 ID:9jASUl820
>>371
どうやって恐竜の遺伝子を手に入れるのか...そこが大きな問題で、
それさえ手にはいるのならあっという間に解決しちゃいそうだね。
373 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 19:33:59.22 ID:lb5IXI+k0
やっぱ中国はスゴイよな
こいつらが本気だしたら
ラドンとかゴジラの化石もでてくるかもしれんし
プレデターの宇宙船も見つかるかもしれん
強い元のおかげで欧米諸国もウソを暴けないんだろうしw
377 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 20:40:00.53 ID:jFtMj50n0
カナリアのぴーちゃんごめんよ...
寒さで死なせてしまった...
379 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 20:47:27.36 ID:uGs81L7aO
コスプレ中に崖崩れで埋まった。今は反省している。
380 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 20:57:49.97 ID:4o+T72Ur0
しかし、なぜ中国のリャオニンからばかり?
今までの発掘作業はなんだったのか?
381 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 21:01:36.49 ID:rw25+UkT0
そう言えば遼寧省って、小型恐竜で有名な地層だったよなあ
その中に羽毛恐竜もあるというだけで
そこから最大個体が出てきたと
この地域では、肉食と草食、両方を通じて今までで最大か?
鳥脚竜で8mくらいのは出てたと読んだが、竜脚類、この時代だから恐らくティタノサウルス型類だろうがそれも出てたかなあ???
383 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 21:27:01.85 ID:6pJss92J0
むかーし巨大な化け物鳥がちうごく人を、次から次へとむさぼり食らう漫画があったの思い出した。
391 名無しさん@12周年 2012/04/05(木) 23:29:00.48 ID:g+VtR4qq0
こう言うのを見るにつけ、なんで 『肉食恐竜のニッチの正当後継者』 である恐鳥類が滅んでしまったのか気になる。
最後まで生き残ったティタニスに至っては、失われていた腕の鉤爪を復活させ、更には歯に似た突起まで嘴の中に蘇らせていたと言うのに
393 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 23:32:55.18 ID:UBZobrY00
>>391
前脚がないってのが哺乳類に比べて不利だったんだろうな。
395 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 23:49:24.39 ID:pDA7PwMz0
>>391
食肉目との出会いが、先祖返りの発現になるも
結局は競争に敗れて滅んだんだろうね。
数十万年前まで生き残っていたんなら、
もう少し頑張ってもらいたかった
397 名無しさん@12周年. 2012/04/05(木) 23:59:02.31 ID:pMyPhOEj0
遼寧省て、90年頃から白亜紀のかなり状態のいい化石が次々出てる土地だよな
火山灰質で羽毛のような微細な痕跡までよく保存されてるとか
正直、そこは羨ましい



まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shadowcity.jp/mt/mt-tb.cgi/195

コメント(4)

去年の夏、上野の恐竜博を見に行ったら再現イラストが鳥みたいのばっかでワロタw
恐竜に関しては、こまめに情報を更新しないとマズいね。

近所に食用ダチョウの牧場があります。
料理次第で結構旨いんだが、コスト的にはどうなんだろ。

昔、んhkでやった洋物の単発ドラマでニワトリの脚に恐竜の痕跡が残っていてど~たらこ~たらってのを思い出したw.

>食用ダチョウの牧場

九十九里にもダチョウクラブって言うのがw

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山