蛸のサラダ、烏賊のサラダ

| コメント(2) | トラックバック(0)


IMG_2619.jpg

桜の季節になると、花見客でにぎわう三嶋大社に珍味売りの爺さんが出るんだが、北海道から来たというその爺さんが教えてくれたレシピで、蛸のサラダというのがあるわけです。蛸のスライスという珍味と、今どきの新タマネギを酢とマヨネーズで和えるというそれだけなんだが、珍味をサラダの食材に使うという発想が面白いわけで、ただ、実際には超薄切りの蛸の干物というのはあまり一般的なモノではなくて、市場で探したんだが売ってないですね。

あるのは、烏賊です。燻製のイカ。コレだったらどこにでもある。コンビニにもあるかも知れない。ただ、蛸にくらべると臭い。イカ臭い。こんなに臭くてサラダになるだろうか?と思ったら、「刻んだセロリとお酢で和える『オバQサラダ』というのがある」という話が出て来て、そうか、臭い物には臭い物。セロリの青臭さでイカの生臭さと対決させればいいのか、と目から鱗でした。

というわけで、蛸のサラダと烏賊のサラダ。それぞれ作ってみました。どちらも新タマネギがサイドなんだが、烏賊の方にはちょっとアレンジして千切りの人参と薄切りの胡瓜です。野菜類は水によく晒して、お酢をふりかけ回して、そこに蛸スライス入れてちょっと揉んでおく。そこにマヨネーズで完成。蛸の方は、新タマネギとセロリです。どちらも海の生臭さはあるものの、さすがに烏賊の方がずっと強烈なわけで、しかも燻製臭も強いので、セロリでそれを中和する、と。これもお酢とマヨネーズで完成。で、食べてみると、心配されるような違和感はまったくなくて、普通に海鮮系のサラダとしてパクパク食べられる。酢が尖っているように感じられたら、砂糖ですね。何か刺激が物足りなかったら粗挽き胡椒でも。ご家庭の食卓でもいいんだが、スナックとか居酒屋の突き出しとしても良いかも、です。ところで、なんで烏賊のサラダが『オバQサラダ』なのかというと、あの扁平な潰れた丸が、いかにもオバQの口みたいだから、です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shadowcity.jp/mt/mt-tb.cgi/192

コメント(2)

北海道に蛸風味の燻製のイカというのがありました。

>蛸のスライスという珍味と、今どきの新タマネギを酢とマヨネーズで和えるというそれだけ

へぇ~、マヨネーズとお酢の組み合わせには驚き。

ガラスの器がナカナカなので高級品に見えます。

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山