マグロ専門店は切って出すだけ

| コメント(1) | トラックバック(0)


IMG_2467.jpg

ミニ海鮮丼です。おいら、意外と小食なので、このくらいでいい。本マグロ赤身のいいところを市場で、一人前500円くらい。あとは、海藻サラダに使う海藻と、「とびっこ」と呼ばれる魚の卵。とびっこというのはトビウオの卵です。羞恥プレイに使う無線操作バイブではない。イクラでもいいんだが、イクラよりとびっこの方が安いですね。味と言うより、アクセント、というか、飾りみたいなものなので、コレでいい。見た目豪華にタップリ乗せても一人前50円くらいで済むだろう。あとは普通の玉子焼きで、10円くらいか。贅沢しているのは山葵で、生の本山葵をすりおろしている。一人前で50円くらいかかります。でも、本マグロには本物の山葵でないと、両家の格というモノが吊り合わないw



これが、本マグロでなくキハダマグロとかメジマグロとかだと、ホタテとか他の具材も欲しくなるところなんだが、せっかくの良い本マグロの赤身なので、このくらいが邪魔にならなくていいですね。ヅケの汁も手馴れてきて、味醂と日本酒を半々に、火にかけてアルコール燃やして飛ばして、そこに等量の再仕込み醤油と、それだけです。食べる30分前にヅケ汁に漬けて味を染み込ませるだけ。

ところで、今の沼津市長の栗原さんというのは、親が国会議員だったんだが、なかなか国会議員にはなれず、長いこと浪人しているわけです。無職でも困るというので、ひと頃は丼屋をやっていた。支援者が、「寿司屋は知識と技術が必要だけど、マグロ専門なら切って出すだけだから、お前にも出来るだろう」というので、沼津の仲見世商店街でマグロ丼専門店をやっていたらしいw 政治家の二代目というのも大変ですねw 静岡県東部は自民党の二代目がやたら多いところで、そのくせ工場労働者が多くて革新が強い。おまけに民主党はイケメンモナゴーシなので、自民党はなかなか浮上できないw あの大昭和製紙一族の斎藤としつぐも、モナゴーシに負け続けて、とうとう引退しちゃいました。というわけで、素人が和食屋やるんだったら、マグロ丼屋に限る、というお話でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.shadowcity.jp/mt/mt-tb.cgi/39

コメント(1)

>おいら、意外と小食なので
今までの料理みんな野次馬さんが美味しく頂きました、じゃないの?

コメントする

欧米人の見た幕末日本
千代姫モールえすの屋店
空気清浄機情報
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

最近のコメント


ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん

帆船Ami号

ずっと富士山